抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と甲状腺

   

抜け毛と甲状腺機能低下症について

抜け毛と深く関わっている病気の一つが甲状腺機能低下症で、甲状腺ホルモンの低下によって以下のような症状が引き起こされます。

・大量の抜け毛が生じる
・目の周りや口周りがむくむ
・顔が腫れぼったくなる
・乾燥や寒さに過敏になる
・体温が低くなる
・声が低温化する
・便秘に悩まされやすくなる

甲状腺ホルモンと髪の毛の成長サイクルに関する研究はかなり進んでおり、毛髪の成長の開始と期間に対する作用があると判明致しました。

甲状腺機能低下症の強さや期間、そして患者さんの感受性によっても異なるので一概に説明できないものの、抜け毛の数が増えるという症状は引き起こされやすいようです。

甲状腺機能低下症が原因で抜け毛の本数が増え、薄毛へと誘われていくケースは全体的に見れば少ないかもしれません。

しかし、40代の女性は甲状腺機能低下症を発症する割合が高く、加齢による抜け毛や薄毛ではなくこの病気が関わっている可能性も十分にあります。

どちらにしても、甲状腺機能低下症の症状が重度になるほど脱毛の症状も訴えやすいので、自分の身体に不安を抱える女性は一度病院を受診してみるべきです。

TSHと呼ばれる血液検査は内科でも行ってくれますし、甲状腺機能低下症は治療もそこまで難しくないため、医師の指示に従って処置を施していれば抜け毛や薄毛は次第に回復していきます。

甲状腺のホルモン剤を服用するのが甲状腺機能低下症の一般的な治療ですが、ヨードやアルコールの過剰摂取にも注意しなければならないので、生活指導も合わせて専門医に伺ってみてください。

 

抜け毛と甲状腺機能亢進症について

甲状腺ホルモンの異常によって引き起こされる病気が甲状腺機能亢進症で、上記の甲状腺機能低下症とは少々異なります。

甲状腺機能亢進症は甲状腺内組織の活動が異常に活発になることで生じ、以下のような症状が大きな特徴です。

・抜け毛の増加
・心拍数の増加
・心拍リズムの異常
・血圧の上昇
・神経過敏や不安感
・呼吸困難
・多汗
・疲労や脱力感

甲状腺機能亢進症によって抜け毛の症状が引き起こされるケースは低いものの、甲状腺ホルモンの異常によって様々な不快な症状が身体にあらわれます。

遺伝やストレスによる自己免疫疾患が甲状腺機能亢進症の有力な原因だと考えられており、バセドウ病とも大きな関わりを持っているケースが多いのです。

私たちの髪の毛も細胞で構成されておりますし、増殖を促進する作用が減れば当然のように育ちにくくなり、成長期が短くなって抜け毛が増えるのではないでしょうか。

甲状腺機能亢進症の治療は内服薬の服用や通院によるアイソトープ治療、甲状腺の腫れが大きい人は手術が行われます。

どちらにしても医師の指示に従って治療を受けなければならず、自分の身体に異変を感じたら早めに病院で検査を受けるべきです。

 - 病気が原因の抜け毛