抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

喫煙・タバコが原因の抜け毛

   

kitsuen

「タバコは抜け毛や薄毛の原因になる」「喫煙と髪の毛には特に関係性はない」という2つの意見が飛び交っており、本当はどちらなのか疑問を抱えている方は多いはずです。

喫煙している人が絶対に抜け毛や薄毛を引き起こすわけではありませんが、タバコの中には60種類以上の発がん性物質に加えて大量の有害物質や化学物質が含まれております。

ニコチンやタールといった物質が有名で、本来であれば綺麗なピンク色の肺が真っ黒になってしまった画像をご覧になった方はいらっしゃるかもしれません。

ニコチンやタール以外にも、一酸化炭素やシアン化水素といった物質がタバコには大量に含まれており、身体に蓄積して健康に悪影響を及ぼします。

喫煙が抜け毛の原因になると言われているのは、以下のような理由からです。

・ニコチンによって自律神経が刺激されて血管を収縮させる
・抜け毛を引き起こす男性ホルモンの分泌量が増える
・血流悪化で頭皮の温度が低下して正常なヘアサイクルが乱れる
・栄養の吸収を促進して毛髪環境に良い影響を与えるビタミンCが破壊される
・有毒物質によって肝臓の働きが損なわれる
・血液中の悪玉コレステロールが増加して毛髪の生育に欠かせないアミノ酸が消費される

以上のように、タバコが身体に与える影響は想像以上に大きく、「髪の毛の成長に必要な栄養素が消費される」「血流が悪くなって栄養分が行き渡りにくくなる」という2つの原因によって抜け毛が増加しやすくなります。

上記の原因の中でもニコチンによる血行不良が髪の毛に与える影響は大きく、ただでさえ少なくなった栄養素が行き渡りにくくなれば成長は阻害され、抜け毛の量が増えやすくなるのはお分かり頂けるはずです。

しかも、喫煙によって体温の低下を引き起こして身体が冷えれば、より血行不良の症状は悪化しますし、元々冷え性で悩まされやすい女性は特に注意した方が良いでしょう。

それに、育毛に悪影響を及ぼすという以前にも、タバコの中の発がん性物質や有毒物質によって体内の活性酸素は増加し、身体は著しく老化していきます。

抜け毛や薄毛に加えて、シミやシワといった皮膚トラブルが悪化すればより老けて見られるようになるため、美容に大ダメージが加わることは間違いありません。

もちろん、喫煙が原因で抜け毛の症状が悪化するとは言え、禁煙してタバコを吸わない日々が続けばみるみるうちに髪の毛が生えるということは絶対にないはずです。

それでも、一つずつ抜け毛の原因となるマイナス面を減らし、プラス面を少しずつ積み重ねていくのは薄毛の改善に欠かせない要素となっております。

今直ぐに禁煙を始められないのであれば、少しずつ量を減らして無理のない対策を行ったり、無添加タバコや電子タバコといったグッズを頼ったりしてみてください。

 - 女性の抜け毛の原因