抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と切れ毛

   

抜け毛と切れ毛の違いについて

切れ毛とは髪の毛にダメージが加わって途中で切れてしまっている状態を指し、毛根から抜け落ちる抜け毛とは違います。

パっと見るだけで髪の毛が傷んでいるなと感じている方は切れ毛が発生している可能性が高く、ヘアケアを見直さなければ抜け毛の発生に繋がるかもしれないので注意しなければなりません。

ブチブチと切れる切れ毛が多ければまとまりが悪く老けた印象になりますし、「短い毛がまとまらずピンピンとアホ毛のように跳ねる」という状態にも陥ります。

このような状態ではスタイリングも難しいですし、若々しい印象を保つことはできないのです。切れ毛の原因としては以下が挙げられます。

・過度のパーマやカラーリングといった処置を施している
・紫外線の浴びすぎによってダメージを受けている
・食生活の乱れで髪の毛に行き渡る栄養素が不足している
・ホルモンバランスが乱れている
・長時間のデスクワークで頭皮が凝っている
・乾燥する季節に静電気が発生して毛乳頭に刺激が加わっている
・間違ったドライヤーの使い方でダメージを受けている
・過度のダイエットによる栄養不足
・髪の毛を洗う時に間違った方法で傷付けている

上記のように切れ毛の原因は非常に多く、普段の生活で知らず知らずのうちに髪の毛へとダメージが加わっているかもしれません。

抜け毛と切れ毛の症状には違いが生じているものの、お互いに関連性があるのは事実です。

切れ毛の原因となる行為は間違いなく毛髪にとって良くないことなので、間違ったヘアケアは今のまま続けていれば将来的に抜け毛の数が多くなり、薄毛が進行しやすいので十分に注意した方が良いのではないでしょうか。

女性の場合は、男性とは違いハゲが一気に進行することはありませんし、加齢による薄毛でも頭皮のボリュームがなくなったと感じる程度です。

それでも、頭皮や髪の毛に無駄な刺激が加わり続けていれば、間違いなく切れ毛も抜け毛の量も多くなり、美容に大ダメージが加わります。

髪の毛にダメージが加わった状態が長く続くと、キューティクルが剥がれたり普段は閉じているウロコ状の部分が開いたりと、毛髪の内側から必要な成分が失われていくのです。

水分やタンパク質が流出すれば成長にも悪影響が生じ、抜け毛の量も増えると仮定できるため、ダメージを補修する対策が必要なのはお分かり頂けるかもしれません。

そこで、低刺激のシャンプー剤を使ったり洗髪の方法を見直したりという対策が大事で、ドライヤーの正しい使い方も心得ておくべきです。

また、切れ毛を予防するために、一番長く外気と触れ合っている毛先をチョンとカットするのも適しております。

当サイトでご紹介しているシャンプーやトリートメントの「CA101」は毛髪の衰えを改善するために作られた商品なので、抜け毛や切れ毛の症状を克服するために一度使用してみてください。
 

>>> CA101の詳細はこちら

 

 - 抜け毛の特徴