抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

金属アレルギーが原因の抜け毛

   

近年になって、金属アレルギーが原因で抜け毛が増え、薄毛が引き起こされることが分かりました。

個人の体質によって異なるので一概には説明できないものの、金属アレルギーを持っている方は装飾品や歯の詰め物が原因で抜け毛が引き起こされる可能性があります。

私たちにとって身近なアレルギー反応としては花粉に反応する花粉症や、卵黄やソバに反応する食物アレルギーが有名なのではないでしょうか。

これは、外部からの異物を体外へと排除するために備わっている免疫反応が過剰に働き、自分の身体の中の物質を異物と間違えて攻撃することで生じます。

このメカニズムと一緒で、金属アレルギーもネックレスやイヤリング、ブレスレットなどの金属から微量に溶出した金属イオンが体内のタンパク質と結合してアレルゲンとなり、様々なアレルギー反応を引き起こすのです。

特に、ニッケルやコバルト、クロムといった金属がアレルギーを引き起こしやすく、抜け毛が増えたり肌荒れが生じたりと、個人によって悩まされる症状には違いがあります。

このニッケルは装飾品だけではなく、虫歯治療の詰め物としても利用されており、実際に強い金属アレルギーが生じて頭皮の髪の毛のほとんどがなくなってしまった方が日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」で紹介されておりました。

子供の頃に入れた銀歯に含まれていた金属イオンが少しずつ溶け出し、身体に蓄積されて大人になってから抜け毛としてあらわれたのではないかと考えられております。

歯の詰め物には基本的に金属が含まれておりますし、アレルギー体質の方は抜け毛が増えるかもしれないので十分に注意しなければならないのです。

アレルギーを受ける環境に居続けたとしても、必ずしも身体に不快な症状が引き起こされるわけではなく、個人によって許容量は異なります。

しかし、許容量をオーバーすると、以下のような流れで身体の至る部分に不快な症状があらわれるのです。

①ニッケルなどの金属から金属イオンが溶け出す
②毛根部分に存在するケラチンと金属が結合する
③許容量が超えると免疫細胞が過剰に反応する
④免疫細胞がケラチンを攻撃して発毛機能が止まる
⑤抜け毛の量が次第に増えて急速な脱毛へと導かれる
⑥毛根部分の毛髪生成もストップして髪の毛が生えなくなる

髪の毛に悪影響が加わるだけではなく、「肌が赤くなる」「肌が痒くなる」「肌荒れが酷くなる」と美容にダメージが加わるケースも十分に考えられます。

抜け毛に関しては、ゆっくりと症状が進行するのではなく、急激に抜け落ちたのならば金属アレルギーが原因だと考えた方が良いかもしれません。

男性が引き起こすAGAにしても、女性が引き起こしやすいびまん性脱毛症にしても、急激に抜け毛が経て薄毛へと誘われるのではなく、年齢を重ねることで少しずつ症状が悪化していきます。

その点、金属アレルギーが原因の薄毛や自己免疫疾患による円形脱毛症は、抜け毛のスピードが早いという特徴があるのです。

歯の中に入れた詰め物が原因の場合、育毛剤や育毛シャンプーを使ってケアをしたところで抜け毛を食い止めることはできないので、早急に専門医へと相談してみてください。

 - 女性の抜け毛の原因