抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

活性酸素が原因の抜け毛

   

全身の老化を促してシミやシワといった肌トラブルを引き起こすのが活性酸素で、女性にとっては馴染みの深い物質かもしれません。

元々、活性酸素には体内へと侵入したウイルスや細菌を退治する働きがあるものの、あまりにも増えすぎると健康な細胞まで酸化させて老化の引き金となります。

私たちの頭皮も皮膚の一種ですし、活性酸素が原因で抜け毛が増えて薄毛が進行したり、白髪が増えて見た目のイメージが悪くなったりという状態を引き起こすのです。

体内の細胞は脂質と呼ばれる細胞膜で包まれており、活性酸素と結び付くことで細胞の活性が少しずつ低下していきます。

その影響で、「毛髪を作っている毛母細胞が老化する」「メラニンを作るメラノサイトが老化する」という2つの現象が生じ、抜け毛や白髪が発生しやすくなるというメカニズムです。

高い反応活性によって身体を守っているのが善玉活性酸素のスーパーオキシドラジカル、強い抗酸化力で髪の毛や肌の老化を引き起こす悪玉活性酸素がヒドロキシルロジカルと別々の名称が付いております。

この悪玉活性酸素のヒドロキシルロジカルが体内で増えることにより、毛母細胞の活動が低下してヘアサイクルも乱されるので抜け毛が増えやすくなるのです。

つまり、身体の老化を防ぐためには、悪玉の活性酸素の生成を抑えなければならないのは間違いないでしょうか。

実は、この活性酸素が発生する要因は、以下のように毎日の生活習慣の中に潜んでおります。

・食品添加物や農薬といった有害物質を含む加工食品の過剰摂取
・油分を多く含む食べ物の過剰摂取
・マラソンやウェイトトレーニングなど激しい運動
・窒素化合物などの大気汚染
・太陽から降り注ぐ紫外線
・精神的なストレスによる自律神経の乱れ
・運動不足による体内の抗酸化作用の低下
・定期的な喫煙
・細菌やウイルスの体内への侵入

以上のように、私たちの身の回りには活性酸素を増やす原因が潜んでおり、特に不規則な生活を送っている方は注意が必要となります。

乱れた食生活や運動不足で健康が乱されるだけではなく、体内で生成される活性酸素の量が増えて抜け毛や肌トラブルが加速し、老化現象が促されてしまうのです。

年齢を重ねることで老化現象が引き起こされるのは人間ならば自然なことですが、「少しでも抜け毛を減らしたい」「若々しい肌を保ちたい」と考えているのならば、活性酸素を発生させないように試みなければなりません。

そこで、メチオニンやシスチンを代表とするアミノ酸の摂取が適しており、活性酸素を除去するという抗酸化物質としての機能を果たしてくれます。

メチオニンやシスチンは髪の毛を形成している栄養素なので、単純に強くて太い髪の毛を作って抜け毛を予防するためにも欠かせないのです。

他にも、「抗酸化物質を持ち合わせたSOD酵素を作るために亜鉛やセレンを摂取する」「質の良い睡眠を毎日とる」「適度な運動を取り入れる」という対策も練り、抜け毛を少しでも減らす努力を行ってみてください。

 - 女性の抜け毛の原因