抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と髪質

   

「抜け毛が増えやすい髪質はあるのか?」「ハゲやすい髪質はあるのか?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

確かに、「剛毛の髪質の人はハゲやすい」「軟毛の人は髪の毛が柔らかいから抜け毛が多くなりやすい」「ネコ毛の人は要注意」などインターネットでは色々な噂が飛び交っております。

一体どれが事実なのか不安を抱えるかもしれませんが、基本的には髪質によって薄毛になるならないが決まるわけではないのです。

特に、AGAを発症している男性ならば、髪質が固くても柔らかくても年齢を重ねるにつれて抜け毛の量は増えていきますし、ハゲの範囲も広がっていきます。

もちろん、髪質が柔らかいと頭皮全体のボリュームが少なく見られがちなので、剛毛の人と比べると見た目の印象は悪くなりやすいでしょう。

それでも、柔らかい髪質だからといって確実にAGAを発症したりびまん性脱毛症に悩まされたりする確率が高くなるわけではないので、神経質になって考える必要性は全くないというわけです。

ハゲやすい人の特徴としては、「親族に薄毛の人がいる」「髪の毛にハリやコシがない」「フケや痒みが多い」「脂っこいものばかり食べている」といった要素が挙げられます。

剛毛だろうがネコ毛だろうが、毎日の生活の中で頭皮環境を整えるケアをきちんと行っていれば、急激に抜け毛の量が増える心配はないはずです。

フケや痒み、炎症といったトラブルは抜け毛が加速されやすいので、当サイトでご紹介しているマイナチュレのシャンプー剤をおすすめします。

頭皮や髪の毛に加わる刺激を徹底的に抑えた無添加のシャンプー剤なので、抜け毛で悩んでいる女性は一度マイナチュレを使ってみてください。
 

>>> マイナチュレのシャンプーの詳細はこちら

 
さて、元々の髪質は抜け毛や薄毛とは特に関係性がないと上記では説明致しました。

しかし、大人になってから髪質が変化した場合、毎日の生活習慣が深く関わっており、その際は抜け毛や薄毛の前兆だと言われているので注意しなければなりません。

一般的に以下の要因で髪質が変わると考えられております。

・頭皮を不潔に保って炎症が引き起こされると弱々しい髪質へと変化する
・毛髪が栄養不足に陥っていると育成が阻害される
・毛細血管の流れが悪くなって血液が循環しにくくなると健康的な髪の毛が生えにくくなる
・化学成分を含んだシャンプー剤の使用でダメージを受けている

上記のような要因で、「硬い⇒柔らかい」「直毛⇒くせ毛」と髪質が変化しやすく、これは頭皮環境が悪化しているサインだと捉えられるので、抜け毛や薄毛が進行する可能性があります。

特に、髪の毛や頭皮へと直接的なダメージが加わっていると髪質が変化しやすいので、毎日の生活習慣を見直さなければなりません。

刺激の少ないシャンプー剤を使って頭皮環境を促したり、栄養不足に陥らないようにバランスの良い食生活を送ったりというケアを心掛けてください。

 - 抜け毛の特徴