抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と牡蠣

   

kaki

抜け毛予防や薄毛改善のために牡蠣が良いと言われており、それはこの食べ物の中に亜鉛が含まれているからです。

抜け毛と亜鉛というページでも説明致しましたが、ミネラル分の一種の亜鉛は私たちの髪の毛と密接に関わっております。

体内で亜鉛が不足すると毛根の細胞分裂や増殖の働きが弱まり、毛髪が細くなって抜け毛に繋がりやすいのです。

しかも、亜鉛は現代人の食生活で不足しやすい栄養素の一つだと考えられているので、この亜鉛が豊富な牡蠣を積極的に食べた方が良いと言われているのではないでしょうか。

それに、亜鉛は体内への吸収率が低く、食べ物から摂取してもそのまま体外へと排出されてしまうケースが多くなっております。

バランスの良い食生活を送っていても不足しやすい栄養素なので、亜鉛をたっぷりと含む牡蠣のような食品を食べて抜け毛の予防を図るべきです。

貝類の一種である牡蠣には飛びぬけて多くの亜鉛が含まれており、9月から4月にかけての季節が旬だと言われております。

カキフライや酢の物、焼き牡蠣といった調理法が人気を得ており、高級店で食べる牡蠣は別格だと感じた方は多いかもしれません。

毎日の食卓で食べられるような食材ではないものの、身体の内側から抜け毛予防を行うのは想像以上に大事なことなので、牡蠣以外の食品からもバランス良く亜鉛を摂取するように心掛けるべきです。

下記のような症状が頻発している方は亜鉛不足の可能性が高いので注意が必要となります。

・外食が多い
・疲れやすい
・視力が落ちたような気がする
・髪の毛のボリュームが薄くなった
・爪に白い点や線が形成されている
・爪が割れやすくなった
・貧血を起こしやすくなった
・食べ物の味が薄いと感じる
・皮膚がカサカサとしている
・お酒に弱くなった
・シミが目立つ
・すり傷が治らない
・風邪を引きやすい
・物忘れが激しくなった
・精力が衰えた

ただの体調不良の可能性もあるかもしれませんが、上記のような項目に当てはまる数が多いのならば亜鉛不足に陥っているかもしれません。

抜け毛と関わっているだけではなく、全身の新陳代謝を促して免疫力を高め、タンパク質を合成したり骨を発育させたりと生きていくために欠かせない栄養素なのです。

ミネラルは体内では生成されない栄養素なので、亜鉛を効率良く取り入れるために牡蠣だけではなく、たらこやうなぎ、ほうれん草やブロッコリー、わかめやひじきといった食べ物を食べましょう。

特に、ワカメやひじきといった海藻類には亜鉛だけではなく、健康的な髪の毛を維持するために必要なヨウ素も含まれております。

肉類や野菜類、海藻類など様々な食品の中に含まれているので、余程のことがなければ亜鉛不足に陥ることはないはずです。

それでも、上記でご説明したように体内への吸収率が悪い栄養素なので、吸収率を高めるために柑橘系の果物の中に含まれるビタミンCやクエン酸を同時に摂取してみてください。

ビタミンCやクエン酸を一緒に摂取することで、体内での吸収率が大幅にアップするのでおすすめです。

「どうしても食生活が偏りがちになってしまう・・・」という方は、亜鉛を中心とする栄養素が含まれたサプリメントを取り入れてみましょう。

 - 食事による抜け毛の対策