抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とジョギング・ランニング

   

筋肉量の低下で抜け毛の数が増えるというケースは決して珍しくありません。

「運動不足+偏食」⇒「筋肉量の低下」⇒「太る」⇒「血行不良」⇒「抜け毛の増加」という流れで頭皮にも悪影響が生じます。

現代人はデスクワークの割合が高く、知らず知らずのうちに運動不足に陥ってることもあるため、日々の生活の中にジョギングやランニングといった有酸素運動を取り入れるべきです。

抜け毛とウォーキングというページでは、抜け毛の予防のために適度な有酸素運動が大事だと説明しました。

それは、抜け毛の予防において頭皮の血行不良の改善が大事だからで、適度に身体を動かして血液の循環が良くなれば、毛母細胞に酸素や栄養素が行き渡って髪の毛の成長が促されます。

毎日ウォーキングを行っていては飽きるので、大分身体が慣れてきたらジョギングやランニングを始めるのがベストです。

いきなり長距離走を行う必要はありませんし、自分のペースで少しずつジョギングやランニングする距離を延ばしていくのが良いのではないでしょうか。

ウォーキングよりもジョギングやランニングの方が脂肪燃焼効果が高く、高血圧や高脂血症といった病気の予防にも繋がります。

もちろん、運動で確実に抜け毛の予防に繋がるというわけではありませんが、運動不足の状態よりも健康的なのはお分かり頂けるはずです。

抜け毛の大敵はストレスだとも言われておりますし、リフレッシュ効果を高めるために景色の良い場所でジョギングやランニングをしてみるのが良いかもしれません。

また、ジョギングやランニングで発汗すると、男性のAGAの直接的な原因となっているDHT(ジヒドロテストステロン)を体外へと排出する効果が見込めます。

女性の抜け毛とは少々関係性のない話ですが、AGAは男性ホルモンのテストステロンと酵素が結び付き、DHTが産生されることで毛乳頭を攻撃し、脱毛が引き起こされるというメカニズムです。

このDHTをどうにかするのがAGAの根本的な対策と言っても過言ではないため、毎日の生活の中に運動を取り入れて汗をかくのがベストだとお分かり頂けるのではないでしょうか。

育毛剤で直接的に発毛を促すケアを行っていても、DHTが体内に多く存在していればそれだけ抜け毛も増えるため、身体の内側からの対策も欠かさずに行わなければならないのです。

ジョギングやランニングは場所を問わずに行えますし、高齢者でも軽く走るくらいならば身体に大きな負担は加わらないので、日常生活の中に取り入れてみてください。

 - 抜け毛の予防