抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とイワシ

   

iwashi

「抜け毛には○○を食べると良い」「○○を食べると薄毛の予防に繋がる」という噂が飛び交った食べ物は多く、その一つが魚類のイワシとなっております。

もちろん、イワシを食べ続けたからといって抜け毛が一気に減り、髪の毛を増やせるわけではありません。

それでも、イワシといった青魚にはDHAやEPA、IPAといった成分がたっぷりと含まれており、これが抜け毛の予防に繋がると言われている所以です。

DHA(ドコサヘキサエン酸):身体に必須の脂肪酸で血液をサラサラにする
EPA(エイコサペンタエン酸):同じく必須脂肪酸で中性脂肪を減らす
IPA(イコサペンタエン酸):多価不飽和脂肪酸の一種で血液の流れを良くして血圧を下げる働きがある

上記のような成分が青魚のイワシの中には配合されており、血液をサラサラにして血行を良くするのが最大の効能かもしれません。

つまり、頭皮や髪の毛に行き渡る栄養素の量を増やせるので、頭皮環境の改善に繋がり、抜け毛や薄毛を予防できるのです。

カルシウムやビタミンB2、ビタミンDといった毛髪と深い関係のある栄養素も多く、「銚子の漁師にハゲはいない」という噂もあります。

自炊して魚を食べる機会が少ないという方でも、オイルサーディンなどの缶詰を使えばこれらの栄養素をバランス良く補給できるのではないでしょうか。

他にも、薄毛との関連性についてははっきりと解明されていないのですが、老化防止効果が期待できるコエンザイムQ10も豊富で、美容業界では注目を集めております。

肉類や乳製品など脂っこい食事ばかり摂取していると皮脂の分泌が促され、毛穴の中に詰まって抜け毛が生じる大きな原因となるため、イワシなどの食品も毎日の食生活で取り入れるべきです。

イワシの缶詰の臭みが苦手ならば、「イワシのマヨネーズ焼き」や「イワシのガーリック焼き」、「イワシの生姜煮」といったレシピに挑戦してみるのが良いかもしれません。

毎日イワシを食べるのは難しいとしても、定期的に青魚を食べるように心掛けていれば、DHAやEPAを中心とする栄養素を摂取できるので、抜け毛の改善だけではなく健康体の維持にも繋がります。

もちろん、身体の内側からのケアだけではなく、外側からの対策も練らなければならないので、頭皮環境を正常な状態で保つために当サイトでご紹介している育毛剤のマイナチュレを使ってみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

 - 食事による抜け毛の対策