抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と頭皮の痛みは関係があるの?

   

抜け毛の発生と頭皮の痛みには少なからず関係性があります。「頭皮がピリピリと痛い」「頭皮がヒリヒリする」「頭皮が灼熱感を持っている」と感じている人は少なくありません。

正常な状態ならば頭皮に痛みが生じることはありませんし、頭皮環境が悪化しているサインだと捉えられるので、抜け毛の本数が増えたとしても不思議ではないのです。

頭皮に痛みが生じる原因は幾つか考えられるので、以下をチェックしてみましょう。

 

頭皮神経痛(後頭神経痛)を患っている

頭皮の痛みの原因で最も多いのが頭皮神経痛(後頭神経痛)で、頭皮がピリピリしたりチクチクしたりという症状で悩まされます。

痛みの程度には個人差があり、痺れや違和感を感じたり、刺すような痛みが続くケースも少なくありません。

頭皮神経痛(後頭神経痛)はストレスや血行不良が深く関わっており、髪の毛に栄養素が行き渡りにくくなるからこそ同時に抜け毛も酷くなりやすいのです。

直接抜け毛に繋がるわけではありませんが、長期的な目線で見れば育毛にダメージが加わりますし、頭痛薬の服用では回復しないので、あまりにも症状が悪化している人は病院で専門医の診察を受けてみてください。

 

頭皮が乾燥している

頭皮から潤いがなくなって乾燥していると、ヒリヒリとした痛みを訴えるようになります。

みずみずしくて青白い頭皮は健康的ですが、赤くて水分のない頭皮は乾燥しており、皮脂を過剰に取りすぎているのが大きな原因です。

確かに、脂ギッシュな頭皮は不潔なので問題があるものの、皮脂の分泌が足りない乾燥した状態もバリア機能が破壊され、抜け毛が増えて薄毛の症状は進行していきます。

「洗浄力の強いシャンプー剤を毎日使っている」「シャンプーの回数が多い」「肌質に合わないトリートメントを使っている」「紫外線を浴びすぎている」という人は、頭皮が乾燥しやすいので注意が必要です。

 

パーマ液やヘアカラー剤を多用している

美容院でパーマやカラーリングといった処置を受けた後に、頭皮が痛いと感じることはあります。

これはパーマ液やヘアカラー剤の多用によるアレルギー反応で、頭皮や髪の毛に無駄な刺激が加わっている証拠です。

自分の頭皮や肌と相性が合わない薬剤を使った時ほど痛みが生じやすく、頭皮に刺激が加われば当然のように抜け毛の発生に繋がります。

「肌が弱い」「アレルギー体質」「頻繁に髪の毛を染める」「自宅で髪の毛を染めている」という方は頭皮の痛みが引き起こされやすいので、できる限り美容院でプロの処置を受けてください。

 

ニキビやフケなどのトラブル

顔の肌だけではなく、頭皮も皮膚の一種なのでニキビや吹き出物といった肌トラブルが生じやすく、フケの発生で悩んでいる人もいらっしゃいます。

頭皮のニキビや荒れは全体的に痛みが生じるのではなく、ピンポイントで痛みを感じやすいのが大きな特徴です。

どのような状態にしても、肌が乾燥していたり皮膚常在菌が繁殖しすぎていたりと環境が悪化しており、抜け毛は発生しやすくなります。

頭皮を不潔な状態で保っている人ほど肌トラブルが引き起こされやすい傾向があるので、顔の肌と同じように念入りなスキンケアを行ってください。

 - 抜け毛に関するFAQ