抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とイソフラボン

   

抜け毛の予防や改善として、大豆製品の中に含まれているイソフラボンが効果的なのではないかという意見が飛び交っております。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持ち合わせており、ホルモンバランスが整うことで抜け毛の症状を抑えられるというメカニズムです。

血管や毛母細胞の老化によって抜け毛が引き起こされるだけではなく、ホルモンバランスの乱れも要因の一つとなっております。

特に、女性ホルモンのエストロゲンは髪の毛の発育と深く関わっており、40代後半から50代前半の更年期に至ると卵巣の機能が低下して、分泌量が減少していくのです。

精神的なストレスや食生活の乱れ、無理なダイエットなど毎日の生活の中でホルモンバランスは崩れやすく、自分でコントロールすることはできません。

だからこそ、そのサポートのために大豆製品の中に含まれたイソフラボンの摂取が有効だと考えられており、この成分が含まれたサプリメントで抜け毛対策を行うことができます。

しかも、女性の身体の中にも男性ホルモンが存在しており、エストロゲンの減少によってその作用が強まり、皮脂の分泌量が上昇して頭皮環境が悪化して抜け毛が増えるケースも十分にあるのです。

そこで、納豆や豆腐、豆乳といったイソフラボンが含まれた大豆製品を摂取し、抜け毛の予防を行ってみてはいかがでしょうか。

どれも和食の味付けに良く合いますし、高カロリーな食べ物ではないのでダイエットのサポートとしても適しております。

当サイトでは残念ながらイソフラボンを含むサプリメントはご紹介していないものの、代わりにマイナチュレをおすすめしているので、抜け毛対策のために是非一度試してみてください。
 

>>> マイナチュレのサプリメントの詳細はこちら

 
さて、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを行うイソフラボンの摂取により、血行不良も改善されると考えられております。

運動不足や冷え性などで血行不良に陥っている女性は多く、栄養素が毛根に行き渡りにくくなれば当然のように成長が阻害されて抜け毛の量が増していくのです。

血行不良を改善できれば必然的に髪の毛の成長を促せるため、イソフラボンが効果的な成分だとお分かり頂けるかもしれません。

しかし、1日当たりのイソフラボンの摂取量の上限値は70mg~75mgと定められており、過剰摂取によって逆にホルモンバランスが乱れ、月経不順や子宮内膜増殖症のリスクが高まります。

適量ならば抜け毛の改善だけではなく、乳がんや前立腺がんの予防効果が得られますが、普段の食事やサプリメントで過剰摂取するのは危険性が高いのです。

特に、妊娠中や授乳中の女性はただでさえホルモンバランスが乱れやすいので、注意した方が良いでしょう。

市販で販売されているイソフラボンのサプリメントで抜け毛対策を行いたいという妊娠中や授乳中の女性は、一度医師に相談してみてください。

 - 抜け毛と関係のある成分・栄養素