抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と胃薬

   

胃腸の疾患の治療や胃もたれといった症状の緩和に用いられるのが胃薬で、一度は服用したことがあるかもしれません。

この胃薬で抜け毛の解消に繋がるという噂が飛び交っており、実際に服用している方はいらっしゃいます。

胃薬の中でも人気を得ているのがエビオス錠で、医薬品というよりもビタミン剤と言った方がしっくりとくるはずです。

エビオスによる抜け毛の対策というページでも説明致しましたが、この中には亜鉛やビタミンといった髪の毛を密接な関わりがある栄養素が含まれております。

普段の食生活で不足しやすい栄養素を補給できるからこそ、胃薬が抜け毛の解消に効き目があると言われているのではないでしょうか。

確かに、食べ物からの栄養素が不足すれば毛髪は太く長く成長することはできず、弱々しい状態になって抜け毛は発生しやすくなります。

普段の食生活と抜け毛には密接な関係性があるので、外部からのヘアケアだけではなく、身体の内側からの対策も同時に行わなければならないのです。

しかし、胃薬の本来の効果は「胸焼け」「胃もたれ」「腹部の痛み」「腹部膨満感」「食欲不振」「吐き気」「消化不良」なので、抜け毛の対策のために服用するのは避けた方が良いと言えます。

それに、確かにエビオス錠にはビタミンや亜鉛といった栄養素が含まれているものの、その量は決して多いわけではないので、劇的な回復を見込めるわけではないと心得ておくべきです。

そこで、育毛対策や抜け毛予防に欠かせない栄養素が含まれたサプリメントのマイナチュレをおすすめします。

胃薬のように不快な副作用で悩まされることはないので、抜け毛の増加で悩む方は一度マイナチュレを飲んでみてください。
 

>>> マイナチュレのサプリメントの詳細はこちら

 
さて、上記では抜け毛の対策のためだけに、胃薬を飲むのは避けた方が良いと説明致しました。

それは胃腸の調子が良好なのにも関わらず服用する意味は全くありませんし、胃薬と一口に言っても以下のように様々な種類があるからです。

胃運動機能改善剤:胃粘液の分泌を高めて胃もたれを解消する
総合(複合)胃腸薬:胃腸に関する様々な症状に効き目がある
粘膜修復・制酸剤:荒れた胃の粘膜を修復する
酸分泌抑制剤(H2ブロッカー):過剰に分泌された胃酸を抑える
健胃剤:胃の機能を促進する
消化剤:食べ物の消化を助ける
鎮痛鎮痙剤:胃痛や胸の痛みを抑える

上記のように複数の種類の胃薬が用意されており、自分の症状に適した医薬品を服用することで不快な状態を改善できます。

つまり、胃腸が健康なのにも関わらず無理に胃薬を飲むのは避けるべきですし、作用が強ければ副作用のリスクもあるのです。

もちろん、胃腸の働きが弱まったことが原因で体内に栄養素が吸収されにくくなり、発毛に必要な栄養素が不足して抜け毛や白髪が増えている方はいらっしゃいます。

頭頂部から徐々に抜け毛が広がって薄毛が進行しているのならば、胃腸衰弱が原因の可能性が高いのです。

このようなケースは胃薬で改善を練った方が良いかもしれませんが、必ずしも抜け毛が内臓と関わっているわけではないので、専門医の指示に従って医薬品を服用するようにしてください。

 - 抜け毛と関係のある薬