抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と細い毛

   

抜け毛と細い毛の割合について

自分で確認するのは少々難しいかもしれませんが、発生した抜け毛の中に細い毛の割合が多ければ薄毛の前兆だと言われております。

他のページでも説明致しましたが、私たちの髪の毛にはヘアサイクルがあり、髪の毛が成長する「成長期」、成長が止まる「退行期」、抜け落ちる準備を行う「休止期」の3つの状態を繰り返しているのです。

毛母細胞の細胞分裂の回数の限度が来るまでは休止期を迎えた毛根は新たに成長期に移行し、新しい毛髪が生えるというメカニズムになっております。

しかし、何かしらの原因でヘアサイクルに乱れが生じていると、約4年間から6年間程度続く成長期が著しく短くなり、毛髪がきちんと成長できない状態が続いて細く短い状態で抜け毛が発生するのです。

抜け毛の発生自体に関しては誰でも同じように引き起こされますし、1日に50本~100本程度が抜け落ちるのは自然な現象かもしれません。

とは言え、その中に細い毛の割合が多ければ正常な抜け毛ではなく、薄毛が進行している前兆だと捉えた方が良いのです。

細い毛はまだ生え始めたばかりの新生毛と呼ばれており、長さも5センチメートル以下と他の抜け毛と比較して明らかな違いが生じております。

全てが薄毛の前兆と言いきれるわけではありませんが、男性ならばAGA(男性型脱毛症)が少しずつ進行していると自覚した方が良いのです。

特に、女性の場合でも間違ったシャンプーを毎日行っていると、ヘアサイクルに乱れが生じて抜け毛の中に細い毛の割合が多くなると考えられております。

刺激の強いシャンプー剤を使って洗髪したり、ドライヤーで頭皮の1ヵ所に当て続けていたりと、ダメージが積み重なる原因なのは間違いないでしょう。

市販の高級アルコール系シャンプーは頭皮や毛髪への刺激が少々強いので、当サイトでご紹介している「CA101」を使って細い毛の対策を行ってみてください。
 

>>> CA101の詳細はこちら

 
さて、普段からの頭皮ケアだけではなく、生活習慣の乱れも抜け毛の中に細い毛が混じる原因だと考えられております。

元々髪の毛が細い体質の方もいらっしゃいますし、あまり神経質になる必要性はありません。細い抜け毛の割合が多かったとしても、抜け落ちる本数が以前と変わらない場合は問題ないと言われております。

それでも、「血行が悪い」「運動不足に陥っている」「睡眠不足の日々が続いている」「過度のアルコール摂取を続けている」と、ヘアサイクルに異常が生じやすいのです。

精神的なストレスの溜めすぎも要因の一つで、髪の毛の成長に何かしらの支障が生じる場合があります。

無理に髪の毛を引き抜いていないのにも関わらず、抜け毛の中の細い毛の割合が多い方は、女性でも男性でも正常な状態ではないと心得ておいた方が良いでしょう。

生活習慣の改善によって髪の毛に良い影響が加わるだけではなく、健康的な生活を手に入れるための秘訣なので、今一度自分の生活スタイルを見直してみてください。

 - 抜け毛の特徴