抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

ホルモンバランスが原因の抜け毛

   

ホルモンバランスの乱れや崩れが原因の抜け毛について

「抜け毛が増えた」「頭皮のボリュームがなくなった」「髪の毛のハリやコシがなくなった」と感じている女性は、ホルモンバランスの乱れや崩れが大きな原因かもしれません。

女性ホルモンのエストロゲンには毛髪を発達させて成長期を持続させるという働きがあり、自律神経を整えたり女性らしい丸みを帯びた身体を作ったりという作用もあります。

女性が生きていくためには欠かせないホルモンなのですが、更年期に突入した女性や過度のダイエットを行っていると徐々に減少し、ホルモンバランスが乱れることが原因で抜け毛が発生しやすくなるのです。

女性の卵巣機能は28歳頃にピークを迎えるという特徴があり、更年期を迎える前から徐々にエストロゲンは減少していきます。

ただでさえ女性ホルモンの分泌量が減っているのにも関わらず、睡眠不足や栄養不足、精神的なストレスでホルモンバランスが崩れていれば、余計に症状が悪化するということはお分かり頂けるでしょう。

視床下部や脳下垂体、卵巣といったホルモンの分泌に関わる器官の連携プレーが取れていないとホルモンバランスが乱れやすく、髪の毛の休止期が長くなって抜け毛を引き起こす原因となります。

そこで、以下のような対策を練って、女性ホルモンのエストロゲンがしっかりと分泌されるように促してみてください。

 

大豆イソフラボンを摂取する

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを担っているのがイソフラボンで、納豆や豆乳といった大豆製品の中に豊富に含まれております。

ひよこ豆などの豆類にも大豆イソフラボンは含まれており、女性ホルモンのバランスを整えるサポートを行ってくれるのです。

医薬品ではなく毎日の食事で女性ホルモンの乱れや崩れを解消していくため、副作用が引き起こされるような心配はありません。

身体の内側から改善を図るのは非常に大事で、ニキビや肌荒れ、頭痛や冷え性といった女性が引き起こしやすい症状の改善にも繋がるはずです。

 

しっかりと睡眠をとる

ホルモンバランスを整えるスタンダードな方法だと言われているのが睡眠で、特に夜の10時から深夜の2時までのゴールデンタイムに眠るように心掛けるべきです。

夜更かしが原因の抜け毛というページでも説明致しましたが、ゴールデンタイムには成長ホルモンが過剰に分泌されるという特徴があります。

そのため、この時間帯に睡眠を取るようにしていれば髪の毛が太く長く成長して抜け毛を減らせますし、肌のターンオーバーを整えてニキビや吹き出物などのトラブルを回避できるはずです。

 

ストレスを解消する

心身ともに健康でいられるためにはホルモンバランスの乱れを解消しなければならず、そのために即効性の高い低容量ピルのような内服薬を服用している女性はいらっしゃいます。

これも一つの方法ですが副作用のリスクがあるので、ストレスの解消がおすすめです。

何か目標を立てたり仲間とスキンシップを取ったりしていると、快感を呼ぶドーパミンや幸せをもたらすセロトニンと呼ばれる脳内物質が分泌されます。

その影響で女性ホルモンの分泌も活発に行われますし、ストレスが万病の元だと言われているので、毎日の生活で適度に発散させましょう。

 - 女性の抜け毛の原因