抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

日焼けが原因の抜け毛と効果的な予防方法

   

日焼けが原因の抜け毛に注意しよう

日焼けが原因の抜け毛に注意しよう
日焼けするのは顔や背中の肌だけと考えている女性は多いのではないでしょうか。

しかし、頭皮も皮膚の一種なので同じように太陽の紫外線で日焼けしますし、光が最も当たりやすい場所なので抜け毛の原因にも繋がります。

ゴミ出しや洗濯物の取り込みなどちょっとした時間であれば著しく抜け毛の本数が増えることはありません。

それでも、海水浴へと出掛けたりバーベキューをしたりと、長時間に渡って炎天下の中に晒されていると頭皮は炎症を引き起こしやすいのです。

なぜ日焼けが原因で抜け毛の発生に繋がるのかメカニズムをまとめてみました。

紫外線による影響でキューティクルが破壊される

毛髪の一番外側を覆っている存在がキューティクルで、以下の働きを担っています。

  • 外部の刺激から毛髪の内部の凝るコルテックスやメデュラを守っている
  • 水分が失われないように働いてツヤを出している
  • 魚のウロコのような形をして柔軟に変化させている

日本人の髪の毛はメラニン色素が多いので防御力は高いものの、紫外線を浴びすぎるとキューティクルが破壊されて抜け毛に繋がるのです。

髪の毛の内部にあるタンパク質を中心とする栄養分が流れ出るのも大きな影響で、パサパサしたり枝毛が発生したりといったケースは少なくありません。

抜け毛の本数が増えて薄毛が進行しやすくなるだけではなく、艶やかさがなくなって見た目的にも変化しやすいので日焼けは怖い存在なのです。

頭皮が光老化を起こす

頭皮に受ける紫外線の量が増すと、徐々に細胞が破壊されて光老化を起こします。

  • 頭皮の光老化は肌の老化現象の一つ
  • 目に見えるダメージを受けやすくなる
  • シミやシワだけではなく頭皮環境が悪化する
  • 髪の毛が生える土壌の環境が悪くなれば抜け毛に繋がる

私たちの髪の毛が太く長く生えているのは頭皮の毛母細胞がしっかりと働いているからで、日焼けしてダメージを受ければ成長が阻害されるのは何となくお分かり頂けるのではないでしょうか。

過剰に皮脂が分泌されている

頭皮の日焼けは肌のダメージの3倍以上と言われており、夏場は特に皮脂の分泌量が増えるのが大きな原因です。

皮脂の分泌で頭皮はオイルを塗ったような状態となり、黒髪は光や熱を集めやすいので日焼けしやすい環境が作られて抜け毛が発生します。

  • 既に髪の毛のボリュームがなくなっている
  • 生え際の分け目が目立ち始めている

このような女性は太陽の紫外線の影響を受けやすく、乾燥肌や敏感肌の人は特にフケやかゆみといったトラブルに繋がりやすいので注意してください。

日焼けによる抜け毛を予防するには?

頭皮はデリケートな場所ですが、顔と比べるとそこまで弱くありません。

しかし、長時間に渡って紫外線を浴びて日焼けすれば炎症を起こしやすく、薬剤を使ってパーマをかけた時よりもダメージは大きくなるので日々の予防が必須です。

頭皮や髪の毛に悪影響を与えないために、どんな予防ケアを行わなければならないのか見ていきましょう。

女性用育毛剤を使用する

日焼け自体を予防する方法ではないものの、抜け毛の発生を防ぐには女性用育毛剤の使用が適しています。

女性用育毛剤には頭皮に栄養を与える成分や保湿して潤いを与える成分が含まれており、健康的な髪の毛を生やすためのサポートをしてくれるのです。

とは言え、ドラッグストアやネット通販では様々な製品が登場しており、選び方には気を付けなければなりません。

  • 頭皮の乾燥を防ぐヒアルロン酸やトレハロースなどの成分が多い
  • 血行を促す成分や炎症を抑える植物エキスが含まれている
  • 界面活性剤や防腐剤といった添加物を含まない無添加の製品
  • 好みの香りで使い心地が良い

上記の点を意識して選ばなければならず、全ての項目に当てはまるのが女性から高い支持を得ているマイナチュレです。

期間限定で初回購入に限り最大で9,945円もお得となるキャンペーンが実施されているので、日焼けによる抜け毛で悩んでいる女性は一度マイナチュレを使ってみてください。

 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

帽子や日傘を被る

頭皮が紫外線に当たらないようにするには帽子や日傘といったグッズの使用が効果的です。

どちらも紫外線を効率良くカットしてくれるので日焼け対策に繋がります。

頭皮は髪の毛で保護されていてもボリュームが薄くなっていれば悪影響を受けやすく、強い日差しでダメージを受けることが分かっていれば帽子を被ったり日傘を差したりしてきちんと防ぎましょう。

頭皮用の日焼け止めを塗布する

顔や背中の日焼けから守る化粧品が出ているように、頭皮用の日焼け止めも現在ではたくさん販売されています。

クリームタイプやジェルタイプは頭皮には使いにくいので、スプレータイプの日焼け止めを購入して吹きかけて抜け毛を予防するのが良いかもしれません。

潤い成分やダメージケア成分が含まれており、出掛ける前にシューっと吹きかけるだけなので簡単です。

  • ボディソープで簡単に落とせる「ドクターシーラボのUVプロテクトスプレー100」
  • 汗や水に強い特徴を持つ「資生堂のアネッサパーフェクトUVスプレー」
  • トリートメント効果で美髪の維持に繋がる「デープロテクターUVスプレー」
  • 子供でも使用可能な紫外線散乱剤フリーの「サンスクリーンスプレーRaioS」

レジャーへと出掛ける際はこれらのUVカットスプレーが適しています。

しかし、スプレータイプの日焼け止めの持続時間はあまり長くないので、小まめに塗り直しするのがポイントです。

紫外線が強い時間帯に外出しない

個人の生活によっては多少は無理があるかもしれませんが、紫外線が強い時間帯に外出せずに屋内にいれば日焼けを未然に予防できます。

  • 午前10時~午後2時
  • 6月~9月の夏場

上記の時間帯や季節は紫外線が降り注ぐ量が多く、帽子や日傘を使っていなければ頭皮が悪影響を受けて抜け毛に繋がりやすいのです。

既に頭皮が日焼けしてヒリヒリ痛い時はどうすれば良い?

既に頭皮が日焼けして赤くなっていたりヒリヒリと痛かったりという際は、早めにケアを行わなければなりません。

  • 患部の温度を下げるために冷たいタオルを押し当てる
  • 温度の低いシャワーを浴びる
  • 頭皮用のローションを使って潤いを与える
  • 炎症を抑える軟膏を塗布してダメージを軽減する

こういった日焼け対策を行っていれば、フケが発生したり抜け毛が増えたりといった症状を防げます。

また、普段からお使いのシャンプーで洗髪すると痛みが激しくなりやすいので、シャワーのみで軽く洗い流す程度に留めてください。

 - 女性の抜け毛の原因