抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

貧血が原因の抜け毛

      2015/08/09

女性が引き起こしやすい貧血は抜け毛の原因にも繋がると考えられております。

「フラフラする」「動悸や息切れが生じる」「顔色が悪い」といった症状が貧血で、種類によって異なるものの赤血球の不足によって体内の細胞が酸欠状態に陥るのが大きな原因です。

育毛に必要な酸素を運ぶ役割を果たしているのが血液の中の赤血球で、貧血でこの量が減少すれば当然のように血流が悪くなっていきます。

その結果、頭皮の毛母細胞に酸素を十分に運ぶことができず、栄養の供給がストップすることで髪の毛の発育が弱まって抜け毛の原因に繋がるというメカニズムです。

一口に貧血と言っても、以下のように様々な種類に分けられます。

鉄欠乏性貧血:赤血球の主原料となる鉄分不足によって生じる
巨赤芽球貧血:ビタミンB12や葉酸の不足で生じる
失血性貧血:出血が原因で大怪我や手術が原因
溶血性貧血:骨盤での造血が壊されて赤血球の数を補えないことが原因
続発性貧血:様々な疾患が引き金となって引き起こされる貧血

これらの中でも貧血全体の約70%以上を占めているのが鉄欠乏性貧血で、鉄分不足や月経による出血過多が引き金となります。

食事制限によるダイエットで鉄分は不足しやすいミネラルですし、妊娠期や授乳期は通常よりも鉄分が体内で消費されやすいので、貧血は女性が引き起こしやすい症状だと考えられているのかもしれません。

鉄分不足によって鉄欠乏性貧血を引き起こすと、ヘアサイクルが乱れて休止期が長くなるため、抜け毛が以前よりも増えやすくなります。

鉄分は髪の毛と密接な関係性がある栄養素ですし、慢性的に不足すれば抜け毛だけではなく毛髪のツヤがなくなるといった症状も引き起こされるのです。

栄養素の不足や栄養の偏りによって鉄欠乏性貧血が引き起こされやすいため、抜け毛の原因を防ぐためにも鉄分が含まれた食品を毎日の食生活の中で摂取していきましょう。

「レバー」「かつお」「ひじき」「ブロッコリー」「いわし」「牡蠣」「ほうれん草」など、様々な食品に鉄分は含まれております。

1日の目安摂取量は男性で10mg、女性で12mgだと考えられており、普通の食生活を送っていれば極端に不足することはないはずです。

しかし、過度のダイエットが続いたりインスタント食品やファーストフード食品に偏った食生活を送っている人は慢性的に不足しやすいので、上記の食べ物を意識的に食べなければなりません。

髪の毛に必要な栄養素をバランス良く摂取するためにも、サプリメントに頼るのも選択肢の一つです。

当サイトでご紹介しているマイナチュレには鉄分は含まれていないものの、抜け毛の抑制や健康維持に欠かせない栄養素が多く含まれているので、一度通販で購入してみてください。
 

>>> マイナチュレのサプリメントの詳細はこちら

 

 - 病気が原因の抜け毛