抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

肥満が原因の抜け毛

   

「抜け毛と体重には特に関係性がないのではないか?」と考えている方はいらっしゃいます。

しかし、肥満は抜け毛の原因の一つなので、十分に注意しなければなりません。

薄毛人口と同じかそれ以上にいると言われているのが肥満で、メタボリックシンドロームとも呼ばれております。

近年になって話題となっている言葉なので、あまり体重増加を気にしない男性でも一度はメタボリックシンドロームをどこかで耳にしたことがあるはずです。

肥満が原因で直接的に抜け毛が発生するわけではありませんが、太っていると余分なエネルギーを身体に蓄えていることになります。

コレステロールや中性脂肪が体内に存在しすぎており、その影響で頭皮の皮脂分泌が過剰になって炎症を引き起こしやすくなるというメカニズムです。

皮脂が毛穴の中に詰まれば髪の毛の成長は当然のように阻害されますし、フケや痒みといった炎症が発生していれば正常な状態よりも抜け毛は増えます。

それに、肥満の方は以下のように生活習慣が乱れているケースが多く、それが原因で抜け毛の発生が助長されている可能性も高いのです。

・脂っこい食事やジャンクフードばかり食べている
・運動不足で身体を動かす機会が圧倒的に少ない
・肥満の進行でコレステロールが増加して血流が悪くなっている

毎日の食生活が乱れていれば、髪の毛に行き渡る栄養素が少なくなって抜け毛の量は増えます。

脂っこい食事ばかりの生活で皮脂が増えて抜け毛が発生するだけではなく、ビタミンやミネラル、アミノ酸といった毛髪の成長に欠かせない栄養素が不足することが大問題なのです。

それに、運動不足が続いていれば消費エネルギーが少なくなり、肥満を引き起こす原因となるとともに血行不良によって抜け毛は加速していきます。

以上のことから、生活習慣と髪の毛に大きな関係性があることがお分かり頂けるのではないでしょうか。

「自分は体重が軽いから肥満ではない」と安心している方はいらっしゃいますが、体重が軽くても体脂肪が多ければ肥満と言えます。

日本人女性の約6人に1人が肥満だというデータがあるため、決して珍しい状態ではないのです。

肥満かどうかは「身長(M)×身長(M)÷体重(kg)」という計算値に当てはめてBMI(肥満度)を出し、25以上が肥満、18以下が低体重とされます。

低体重も問題ですが、肥満の状態が続けば抜け毛が増えやすくなるだけではなく、糖尿病や睡眠時無呼吸症候群など生活習慣病のリスクを高める結果になるので十分に注意しなければならないのです。

毎日のヘアケアを念入りに行っているのにも関わらず、抜け毛が減らないという方はもしかしたら肥満が原因かもしれません。

肥満体型の人がいきなり食生活を変えて体重を落とすのは難しいものの、その多くが毎日の食事に問題があるはずなので、できる範囲で少しずつ変化させていく必要があります。

特に、肥満によって皮脂の過剰分泌や血行不良が生じ、更にAGAを発症している男性は悪玉男性ホルモンのDHTの影響も加わって余計に皮脂が分泌されて頭皮環境が悪化し、抜け毛が増えていくのです。

もちろん、過度のダイエットを長期間に渡って続けていれば、今度は栄養不足が原因で抜け毛が引き起こされるようになるので、ゆっくりと体重を減らす努力をしてみてください。

 - 女性の抜け毛の原因