抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

ヘルメット・帽子が原因の抜け毛

   

boushi

帽子やヘルメットが抜け毛の原因になると噂されており、「ヘルメットを被る仕事をしているから自分は薄毛なんだ」とショックを受けている方はいらっしゃいます。

ニット帽やキャップといった帽子をファッションの一つとして被っている方は多いですし、土木作業員や交通整備員であればヘルメットの着用は義務付けられているはずです。

基本的には帽子やヘルメットは太陽の紫外線からの刺激を避けられるため、普通に被っていれば抜け毛の原因になることはありません。

夏場の日差しが強い時は帽子を被った方が良いと言われており、これは紫外線によるダメージを防ぐためです。

皆さんが考えている以上に紫外線による刺激は強く、頭皮環境が悪化して抜け毛の原因になることもあります。

しかし、「ヘルメットを長時間に渡って被っている」「夏場に蒸れる素材の帽子を被っている」「室内でも帽子を着用している」という状況が長期間に渡って続くと、汗をかいて頭皮が蒸れやすくなるのです。

その影響で雑菌が繁殖しやすく、健康な髪の毛が生えるのを邪魔してしまうため、帽子やヘルメットが抜け毛の原因になると考えられているのではないでしょうか。

確かに、寝癖が酷い時や髪型をセットする時間がない時には、そのまま被って外出できる帽子は便利なファッションアイテムだと言えます。

それでも、「汗をかく」⇒「頭皮が蒸れる」⇒「細菌が繁殖するor血行が悪くなる」という流れで抜け毛の原因となるため、被り方を見直さなければならないのです。

頭皮の蒸れで抜け毛の原因に繋がるだけではなく、汚れた状態を放置していれば不快な臭いを発することが多いですし、ニキビや湿疹に繋がる場合もあります。

髪の毛の発生から抜け落ちるまでの期間は非常に長いため、帽子やヘルメットを被って頭皮環境が悪化していても直ぐに薄毛へと誘われるわけではありません。

しかし、抜け落ちる髪の毛の比率が高くなれば、当然のように時間をかけて薄毛の状態へと陥るため、以下のような正しい被り方を実践してみてください。

・通気性の良い帽子やヘルメットを被る
・頭皮に汗や皮脂が残らないように小まめにハンカチやタオルで拭き取る
・日陰では帽子を取って換気を行う
・できる限り早く頭皮を洗って清潔な状態を保つ
・大きめのサイズを選んで頭皮が締め付けられないようにする
・帽子やヘルメットを定期的に洗って細菌の繁殖が促されないようにする

上記のような心掛けをしていれば、自分から抜け毛の原因を作ることはないはずです。

夏場には機能性の良いアウトドアハット、着用時に締め付けないメッシュキャップ、頭皮に優しいハットがおすすめなので是非一度使ってみましょう。

 - 女性の抜け毛の原因