抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛の平均

   

1日の抜け毛の平均について

1日の抜け毛の平均は年齢や性別によって違いが生じているものの、約50本~100本程度となっております。

誰の頭皮にもヘアサイクルがありますし、寿命を過ぎて全うすれば自然と髪の毛は抜け落ちていくのです。

その平均の本数が1日当たり50本~100本ということで、抜け毛の発生自体は何も不思議な現象ではありません。

その平均を超えるような抜け毛が発生していたとしても、120本程度ならば特に過敏になる必要は無く、頭皮や髪の毛を健康的に保てるようなケアを行っていけば良いのです。

しかし、20代の若者と比べると60代の高齢者の抜け毛の平均本数は多く、年齢が上がれば上がるほど増えていきます。

年代ごとの詳しい抜け毛の平均本数に関するデータは出ていないものの、髪の毛を作り出す毛母細胞のパワーが徐々に衰え、生えてくる毛髪が弱くなるのが大きな原因です。

実際に、加齢によって薄毛で悩む人の割合は高いですし、男性が引き起こすAGA(男性型脱毛症)は20代よりも60代の方が圧倒的に発症率が高くなっております。

 

洗髪時の抜け毛の平均について

1日の中でも洗髪時やドライヤー時に抜け毛が発生する割合が高く、髪の毛をゴシゴシと洗うのでこれは仕方がないかもしれません。

洗髪時の抜け毛の平均はデータ化されていないものの、半分以上はシャンプーの際に抜け落ちていると考えられております。

抜け毛の平均がどのくらいの数値だとしても、洗髪時は多少なりとも頭皮に負担が加わるので、絶対に防ぐことはできないのです。

それでも、洗髪時の抜け毛はヘアサイクルを全うして抜け落ちた髪の毛ばかりなので、薄毛が進行しているサインだとは言えないでしょう。

しかし、石油系界面活性剤や防腐剤など、刺激の強い成分が含まれたシャンプー剤で髪の毛を洗っている方は、洗髪時の抜け毛の平均本数が多くなります。

シャンプー剤の影響で頭皮環境が悪化するケースは珍しくなく、抜け毛の数を減らしたいのならばなるべく刺激を与えないようにしなければならないのです。

「無添加の製品」「アミノ酸系のシャンプー」「植物エキスが中心」という3点に着目して抜け毛対策を行うべきなので、当サイトでご紹介しているマイナチュレのシャンプー剤を使ってみてください。
 

>>> マイナチュレのシャンプーの詳細はこちら

 

枕に落ちる抜け毛の平均について

枕に落ちる抜け毛の平均は大よそ8本~10本程度と考えられており、枕と後頭部との摩擦によって生じます。

シャンプー時だけではなく寝ている時も抜け毛は発生しており、朝起きた際に量が多くて驚いた方は多いかもしれません。

しかし、平均の8本から10本程度であれば特に不安感を覚える必要はありませんし、生理現象の一つだと考えられます。

抜け毛が気になるからといってうつ伏せで眠ると、「顔に跡が残りやすい」「顔の位置を定めるのにコツが必要」「横隔膜が圧迫されて心臓に負担が加わる」というデメリットがあるので注意が必要です。

 - 抜け毛の特徴