抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とハルシオン

   

ハルシオンとはマイスリーと同じように超短期作用型の睡眠薬や精神安定剤のことを指しており、数多くの医薬品の中でも有名なのではないでしょうか。

ハルシオンと聞けば、「ああ、睡眠薬の一つでしょ?」と服用したことがなくても知っている人は多いはずです。

不眠症や早朝覚醒といった睡眠障害を患っている人にとってはハルシオンは適した内服薬となっているものの、口コミでは抜け毛が引き起こされたという意見が出回っておりました。

恐らく、これはハルシオンの副作用の一つで、睡眠薬に限らず医薬品の服用によって抜け毛が増えることはあるのです。

とは言え、ハルシオンの副作用の項目では抜け毛や脱毛とは記載されておらず、以下のような症状が多いと記載されておりました。

耐性や依存性の形成:効果の高さから耐性や依存性が形成されやすく、だんだんと効き目がなくなる
もうろう状態:睡眠薬なので服用すると中途半端な覚醒状態のもうろう状態が続く
精神的症状:錯乱したり些細なことで攻撃的になったりと精神的に不安定になる
呼吸系症状:「呼吸がしづらい」「息苦しい」「心臓の拍動が早まる」という状態に陥る
肝機能障害:食欲不振や倦怠感といった症状で悩まされる

ハルシオンには上記のような副作用が報告されており、細かく症状を分ければもっと多くなるはずです。

抜け毛や薄毛に関する記載は特になかったので、精神的な影響が考えられます。

ハルシオンを服用しなければならないということは睡眠に関して何かしらの障害があり、寝不足状態に陥っていたり睡眠の質が低下したりしていれば自然と疲れがたまってイライラするはずです。

ストレスが溜まった状態ではホルモンや自律神経が乱れやすく、頭部の血流が極端に悪くなって毛髪の成長に必要な栄養素や酸素が行き渡りにくくなります。

つまり、髪の毛の成長が損なわれて抜け毛が発生しやすく、ハルシオンの副作用ではなく過度のストレスが深く関わっているのではないでしょうか。

どちらにしても、睡眠の悩みを解決しなければストレスの解消には繋がらないので、専門医の指示に従ってハルシオンを服用するべきです。

ハルシオンは睡眠薬の中では作用が特に強く、イギリスでは既に服用が禁止となりました。

副作用が出た上に昼間の眠気で悩まされ、仕事が手に付かないという状態も十分に考えられるので、自分勝手な判断で服用するような真似は絶対に避けてください。

 - 抜け毛と関係のある薬