抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

ヘアカラーやブリーチが原因の抜け毛

   

日本人の髪の毛は黒く重たい印象を相手に与えてしまうということで、女性であれば髪色を少しでも明るくするために美容院でヘアカラーやブリーチといった処置を受けていることが多いかもしれません。

確かに、美容にも直結する部分なのでこれらの処置は女性にとって欠かせないのですが、あまりにも頻繁にヘアカラーやブリーチをしていると抜け毛の原因になります。

ヘアカラーにしてもブリーチにしても人工着色料や化学成分を含む薬品が使われておりますし、キューティクルを開かせて色を付けていくため、毛髪に大きなダメージが加わるのです。

何もしていなければ加わることのない刺激なので、頻繁にヘアカラーやブリーチを行えば髪の毛が傷み、抜け毛や薄毛の原因に繋がるということはお分かり頂けるのではないでしょうか。

もちろん、AGAやひこう性脱毛症の直接的な原因にはならないとしても、目に入ると失明する可能性があるほどの劇薬を頭皮や髪の毛に付けている形となるため、発毛機能の低下が引き起こされやすくなるのです。

「カラーリングで立体感を出したい」「髪の毛を明るくしてツヤ度をアップさせたい」「気になる白髪を隠したい」という女性の気持ちは分かります。

もし、ヘアカラーやブリーチを行うならば、専用のシャンプー剤を使って少しでもダメージを減らす対策がおすすめです。

当サイトでご紹介している「CA101」は髪の毛と頭皮のエイジングケアとして適しており、ハリやコシのある毛髪へと自然と導いてくれます。

抜け毛で悩む女性も使っているので、「CA101」のシャンプーとトリートメントのセットを是非一度注文してみてください。
 

>>> CA101の詳細はこちら

 
さて、髪の毛の色を変えるカラーリングと一口に言っても現在では色々な種類があり、頭皮に加わるダメージにも違いが生じております。

<ヘアカラー>
・黒髪や白髪を染めて色持ちさせることができる
・髪の毛の内部のコルテックスに色が染まる
・髪の毛や頭皮へのダメージは大きい
・パサつきや傷みが引き起こされる
・1ヶ月から3ヶ月程度持つ

<ブリーチ>
・色素を脱色して明るくさせるのが目的
・髪の毛のメラニンを分解して栄養素まで失うのでダメージが大きい
・永久的に効果が持続する
・薬剤が頭皮に付着すると痒みといったトラブルが起こる

<ヘアマニキュア>
・メラニンを分解せずに髪の毛の表面の色をコーティングする
・毛髪を包み込むので紫外線からのダメージを防げる
・ヘアカラーよりもダメージは少ないが色落ちしやすい
・1ヶ月程度しか色が持たない

<ヘナカラー>
・ヘアマニキュアに近く色を抜かずに染める
・黒髪への発色は少々弱い
・髪の毛はゴワゴワするも天然の染料なので負担は少ない

上記のように、様々な方法で髪の毛の色を変えられることがお分かり頂けるはずです。

ヘアマニキュアやヘナカラーはダメージが少ないとしても、ヘアカラーやブリーチは抜け毛の原因になりやすいの頻繁な処置はできる限り避けた方が良いかもしれません。

また、美容師さんに処置を施してもらうならばまだしも、自宅でセルフケアを行うとパラフェニレンジアミンといった薬剤が無駄に頭皮に付着し、様々なトラブルのリスクがあるので注意が必要です。

 - 女性の抜け毛の原因