抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

副流煙が原因の抜け毛

   

既にご存知の方は多くいらっしゃるかもしれませんが、タバコの中には様々な有害物質が含まれており、喫煙習慣を続けていると抜け毛の原因となります。

しかし、吸っている本人だけではなく、タバコから湧き上がる副流煙を吸い込むことが原因で抜け毛の症状が悪化しやすいので注意が必要です。

世界でも日本でも禁煙傾向は続いているものの、喫煙者をゼロにするのは不可能ですし、タバコを吸っている人がいる限りは当然のように副流煙が発生します。

副流煙を吸い込むことによる受動喫煙でも喫煙者でも、タバコの中には一酸化炭素が含まれており、体内の至るところに酸素を運ぶヘモグロビンと結合し、赤血球を全身に運ぶという働きを妨げるのです。

その結果、血液やリンパの流れが悪くなり、血行不良によって毛根に栄養素や酸素が行き渡りにくくなるため、髪の毛の成長が阻害されて抜け毛の原因となります。

また、副流煙の中にもニコチンが含まれており、血管の収縮を引き起こす作用があるので、ますます循環が悪くなるというメカニズムです。

大切な血流が不順することは毛髪にとって大きなダメージとなりますし、自分はタバコを吸っていないのにも関わらず副流煙で抜け毛や薄毛の症状が悪化すると聞くと、怒りが込み上がってくるのではないでしょうか。

もちろん、少し副流煙を吸っただけで体内にニコチンを中心とする有毒物質が行き渡り、抜け毛が増えるということはありません。

それでも、副流煙にも害があるのは紛れもない事実なので、タバコが嫌いな人は喫煙者や喫煙所の傍に行かない方が良いです。

それに、実は喫煙者よりも受動喫煙によって副流煙を体内へと取り入れる方が悪影響が大きいと考えられております。

喫煙している本人は吸い口に付いているフィルターである程度の有毒物質が除去されるものの、周囲の人間はフィルターを介さない100%の副流煙を吸い込んでいることになるのです。

とあるデータによると、副流煙は喫煙者本人が吸い込む煙よりもタールは3.4倍、ニコチンは2.8倍、一酸化炭素は4.7倍、アンモニアは46倍まで増えることが分かりました。

このデータからも、喫煙者が路上喫煙をしたり歩きタバコをしたりという行為が他の人にとって、どれだけ迷惑なのかお分かり頂けるはずです。

既にお子さんがいらっしゃるのであれば、子供の前でタバコを吸うことで副流煙が体内へと入り込み、将来的に抜け毛になるリスクが高まります。

抜け毛で済めばまだしも、ガンのリスクを高める結果となるかもしれないので、喫煙者はタバコを吸う場所に注意してください。

 - 女性の抜け毛の原因