抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と不飽和脂肪酸

   

「皮膚組織に栄養を与える」「細胞分裂を促進する」「成長作用」という働きを担っているのが不飽和脂肪酸で、体内では生成されない脂質の一つとなっております。

不飽和脂肪酸の不足によって敏感な頭皮が皮膚障害を引き起こし、抜け毛が酷くなる要因となるのです。

「脂肪」と聞くと女性は、「身体に必要ないのではないか?」と考えるかもしれません。

しかし、脂質は人間が生きていくために欠かせない三大栄養素の一つですし、抜け毛だけではなく健康とも密接な関わりがあります。

頭皮の環境が悪化すれば当然のように髪の毛が育つ環境が失われて抜け毛が増え、薄毛の症状が次第に進行していくので毎日の食生活の中でバランス良く摂取しなければならないのです。

それに、身体を動かすエネルギー源の構成成分となっており、不飽和脂肪酸を取り入れることで血液の中の中性脂肪やコレステロールをコントロールして生活習慣病の予防に繋がります。

不飽和脂肪酸の中でも抜け毛と深く関わっているのがn-3系脂肪酸で、DHA(ドコサヘキサエン酸)やIPA(イコサペンタエン酸)が代表的です。

このn-3系脂肪酸が中性脂肪を減らしたり、善玉コレステロールを増やしたりというサポートを行い、血流改善によって頭皮に栄養素を行き渡らせて抜け毛を予防してくれます。

ビタミンやミネラルといった栄養素は抜け毛対策として欠かせない存在ですが、不飽和脂肪酸も忘れてはならない存在なので、これが多く含まれた魚類や植物油を積極的に摂取しましょう。

オリーブオイルや卵白、うなぎやマグロといった食品に不飽和脂肪酸は多く含まれているため、そこまで摂取が難しい栄養素ではないはずです。

DHA(ドコサヘキサエン酸)やIPA(イコサペンタエン酸)以外にも、EPA(エイコサペンタエン酸)やARA(アラキドン酸)など様々な種類の不飽和脂肪酸が存在しており、どれも健康を促してくれることは間違いありません。

抜け毛の量を減らしたいのならば外側からのケアだけではなく、身体の内側から改善を試みることも非常に大事なのです。

また、身体の内側から直接摂取するだけではなく、馬油やオリーブオイルといった不飽和脂肪酸が含まれたオイルを使用し、頭皮マッサージを行うのも抜け毛対策として非常に適しております。

これらのオイルはデリケートな頭皮に使用できるほど安全性が高いですし、マッサージで血行促進を図れば栄養素が行き渡りやすくなって髪の毛の成長を促せるはずです。

当サイトでは、馬油が含まれたシャンプー剤のウーマシャンプーをご紹介しており、男性からも女性からも愛されております。

初めてウーマシャンプーを使用する方のために、30日間返金保証制度が取り入れられているので、気軽に抜け毛対策として使用してみてください。

 - 抜け毛と関係のある成分・栄養素