抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とエフペシア

   

インドの大手製薬会社のシプラ社が製造している飲み薬の一つがエフペシアで、AGA治療として有名なプロペシアのジェネリック医薬品となっております。

エフペシアの中にもプロペシアと同じように、主成分のフィナステリドが含まれており、AGAによる抜け毛を減らしてくれるのです。

プロペシアによる抜け毛の対策というページでも説明致しましたが、フィナステリドによって酵素の5αリダクターゼの働きを阻害してくれます。

5αリダクターゼが男性ホルモンを悪玉のDHTへと変換させるため、抜け毛を減らすためにはDHTの生成量を抑える対策が欠かせないのです。

長期間に渡ってエフペシアやプロペシアを服用することにより、少しずつヘアサイクルの成長期が長くなるため、AGAによる抜け毛の量を減らすことができるのではないでしょうか。

AGAは進行性の脱毛症ですし、一度発症すれば自然と元の状態へは戻らないので、飲み薬や塗り薬による対策が最も効果的なのです。

そこで、「プロペシアとジェネリック医薬品のエフペシアはどのような違いがあるの?」という疑問を抱えている男性がいらっしゃるかもしれません。

ジェネリック医薬品とは効果や安全性が確立された医薬品のことを指し、基本的にはプロペシアに含まれている成分と一緒です。

製造されている国や場所は異なるものの、先発医薬品の段階で効果や安全性は確立されており、エフペシアの方が圧倒的に安いコストで作ることができます。

つまり、流通コストがジェネリック医薬品の方が圧倒的に安くなるため、プロペシアではなくエフペシアで抜け毛や薄毛の対策を行う方が多いのです。

「ジェネリック医薬品=偽物」というわけではありませんし、効果と副作用は基本的に一緒なので安心して服用できます。

AGAの治療はどの男性でも基本的に長期間に渡って行わなければならず、1ヶ月や2ヶ月で改善できるほど甘いものではありません。

数年間に渡って服用して抜け毛を抑える対策を練っていかなければならないため、少しでも価格の安いジェネリック医薬品を使うのは選択肢の一つなのです。

エフペシアは医療機関では処方されていないものの、個人輸入代行業者を利用して海外の医薬品を格安の価格で入手できます。

オオサカ堂やアイドラッグストアといった個人輸入代行業者が有名で、名の知れたところで購入すれば粗悪品が届く心配は皆無です。

ただし、エフペシアやプロペシアは男性のAGA対策用の飲み薬で、女性は絶対に服用してはいけないので注意しなければなりません。

エフペシアに含まれているフィナステリドが妊娠中の女性の身体に入ると、お腹の胎児の生殖器に異常が引き起こされやすいことが分かりました。

そのため、女性が抜け毛対策としてエフペシアを服用することは禁じられており、当サイトでご紹介している育毛剤のマイナチュレをおすすめします。

マイナチュレは無添加の育毛剤なので安心ですし、育毛を手助けする成分もたっぷりと含まれているので、是非一度通販で購入してみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

 - 抜け毛と関係のある薬