抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

女性ホルモンが原因の抜け毛

   

女性ホルモンは女性が生きていくために欠かせないホルモンで、髪の毛の成長とも深く関わっているため、抜け毛の原因の一つとなっております。

女性ホルモンのエストロゲンは髪の毛を成長させるために重要な働きを担っているものの、過度なダイエットを行って栄養不足の日々が続いていると、だんだんと分泌量が少なくなってホルモンバランスが崩れるのです。

エストロゲンは髪の毛の成長を促すだけではなく、頭皮のコラーゲンの量を増やしてハリやコシをアップさせる働きも持ち合わせております。

それに加えて、血行促進を促して髪の毛の成長期を長くする働きもあるため、女性ホルモンのエストロゲンの減少が抜け毛の原因になりやすいというのはお分かり頂けるはずです。

確かに、美しい自分を維持するために体重を減らすダイエットは女性にとって欠かせないかもしれません。

それでも、ダイエットで理想の体型を手に入れることができても、抜け毛が増えて薄毛の症状が悪化すれば結果的に美容を損ねる原因となります。

しかも、女性ホルモンの減少によってホルモンバランスが乱れると、抜け毛だけではなく以下のような全身症状も引き起こされるので注意が必要です。

・神経保護機能の衰えによって認知機能が低下する
・コラーゲンの生成量が減って肌の弾力が失われてたるみが生じる
・関節を動かす部位に支障が生じて関節炎が引き起こされやすくなる
・新陳代謝の低下によって内臓脂肪がつきやすくなる
・血管のしなやかさが失われて動脈硬化のリスクが高まる
・顎の骨が脆くなって口腔内の免疫力低下が引き起こされる
・抵抗力が落ちることが原因で膀胱炎や性交痛が生じる

上記のように、女性ホルモンのバランスが崩れるだけで様々な不快な症状に悩まされることがお分かり頂けるはずです。

女性は閉経後の更年期に突入するとエストロゲンの分泌量が低下していくため、生活習慣が乱れていなくても抜け毛を中心とする不快な症状で悩まされやすくなるのかもしれません。

上記の症状は全て更年期障害にも当てはまり、女性ホルモンのエストロゲンの減少が大きな原因となっております。

抜け毛に焦点を当てれば、女性ホルモンの分泌量が低下して相対的に男性ホルモンが優位になり、ヘアサイクルの成長期が短くなって休止期が長くなり、抜け毛の量が増えやすいというメカニズムです。

特に、50代以降の女性は髪の毛自体が遅くなって頭皮のボリュームが失われたり、毛穴から3本出ていた毛髪が1本~2本に減ったりと、結果的に薄毛が引き起こされやすくなります。

女性ホルモンのバランスが崩れるのは致し方ないので、抜け毛の症状を少しでも抑えるためにも念入りなヘアケアを行うべきです。

当サイトでご紹介しているマイナチュレは女性から人気を得ている育毛剤となっており、雑誌やテレビで紹介されるほど人気なので、是非一度使ってみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

 - 女性の抜け毛の原因