抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とエストロゲン

   

抜け毛や薄毛といった症状には女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっております。

エストロゲンには肌の弾力やハリと関わるコラーゲンの生成を促す働きがあり、髪の毛の太さにも影響しているので、分泌量が減れば当然のように毛髪は細くなり、抜け毛の症状は進行していくのです。

「恋する女性は綺麗になる」というのは事実で、女性ホルモンのエストロゲンが多く分泌されるからではないでしょうか。

髪の毛の成長を促して抜け毛を予防するだけではなく、肌をプルプルにしたり女性らしい丸みを帯びた身体を作ったりという作用があるため、どんどん魅力的になっていくのです。

しかし、産後や更年期を迎えた女性はエストロゲンの分泌が一気に減るため、髪の毛のツヤや太さが少しずつ失われていきます。

産後のホルモンバランスの乱れは一時的な現象ですし、時間が経過すれば元に戻って抜け毛の量も安定してくるはずです。

その点、更年期の女性はエストロゲンの分泌が元の状態に戻ることは無く、年齢を重ねるにつれて減っていくからこそ、抜け毛や薄毛の症状が次第に進行していきます。

エストロゲンは毛髪のハリやツヤだけではなく、成長期を持続させる働きもあり、更年期を過ぎると成長期が短くなり休止期が長くなるからこそ抜け毛が目立って頭皮全体のボリュームが低下していくのです。

ヘアサイクルの乱れは抜け毛の大きな原因ですし、身体の冷えや精神的なストレスによる血流不足も不快な症状の引き金なのかもしれません。

更年期によるエストロゲンの減少は致し方ないのですが、女性ホルモンを増やす対策を行えば抜け毛の発生を食い止められるので、以下の方法を試してみてください。

 

女性ホルモンを増やす食べ物を食べる

抜け毛の解消のためにも、女性ホルモンを増やす食べ物を食べるのは選択肢の一つです。

エストロゲンと似た働きをする栄養素がイソフラボンで、抜け毛とイソフラボンというページでも説明致しました。

豆乳や納豆といった食品の中に含まれており、イソフラボンの摂取で出産脱毛症が落ち着いたという女性もいらっしゃいます。

過剰摂取は副作用のリスクがあるので注意が必要ですが、健康体を手に入れるためにも欠かせない栄養素なのです。

 

ストレスを発散させる

ストレスを発散して溜め込まないようにするのも女性ホルモンのエストロゲンを増やす対策の一つです。

体内で分泌される量が大きく変化するわけではないものの、精神的なストレスはエストロゲンの分泌量が低下し、細く弱い髪の毛が増えて抜け毛の症状は悪化していきます。

そのため、「ウォーキングやストレッチで身体を動かす」「自分の趣味に打ち込む」「自分の好きなことに興味を示す」という対策を行ってみるべきです。

 

好きな香りや匂いを嗅ぐ

ハーブティーを飲んだりアロマテラピーをしてみたりと、好きな香りや匂いを嗅ぐことで女性ホルモンを増やすことができます。

自分の好きな香りや匂いを嗅ぎ、嗅覚を通って大脳辺縁系に直接作用すると、女性ホルモンが体内から分泌されやすくなるのです。

アロマテラピーを行えばリラックス効果は確実にアップしますし、ストレスの解消に繋がるのも間違いありません。

また、上記でも説明致しましたが、恋愛感情はエストロゲンの分泌を促して女性を綺麗にさせる効果があるので、トキメキやロマンチックな気持ちを思い出すのも抜け毛の対策の一つです。

 - 抜け毛と関係のある成分・栄養素