抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

襟足の抜け毛

   

抜け毛や薄毛と聞くと多くの場合は頭頂部や生え際といった部位に引き起こされる症状ですが、襟足部分の抜け毛で悩むケースも稀にあります。

後ろの髪の毛の生え際を襟足と呼び、男性でも首付近まで伸ばしていることは少なくありません。

この襟足部分の抜け毛が進んで薄毛が引き起こされることで後ろからの見た目のイメージが悪くなり、老けた印象を与えてしまうのです。

襟足の抜け毛の原因としては、「髪の毛を引っこ抜いてしまった」「過度のヘアケア」「無理なダイエット」が挙げられます。

もし、AGAが原因で抜け毛や薄毛の症状が引き起こされているのならば、男性ホルモンの作用を受けやすい頭頂部や前頭部といった部位に変化があらわれるはずです。

しかし、襟足は男性ホルモンの感受性が少なく、脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)の影響ではなく他の要因で薄くなっていると考えた方が良いでしょう。

襟足部分ではありませんが、自分の眉毛を無意識のうちに引き抜いてしまう抜毛症(トリコチロマニア)という病気を患っている方はいらっしゃいます。

抜毛症(トリコチロマニア)と同じように、襟足部分も引っこ抜くクセがあれば毛髪は弱くなっていきますし、長い期間に渡って続けば抜け毛が加速していくのです。

襟足部分の抜け毛を克服したいのであれば、髪の毛を引き抜くクセをやめたり、毛髪に栄養を与えたりという対策が適しております。

当サイトでご紹介しているマイナチュレの育毛剤は、頭皮環境を改善して色々な部位の抜け毛や薄毛を克服できるヘアケアグッズなので、是非一度試してみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 
さて、襟足部分の抜け毛や薄毛といった症状は、患部の血行不良によって引き起こされていることがあります。

血行不良によって栄養分や酸素が行き届きにくくなれば当然のように髪の毛は成長できず、弱く細くという状態に陥るのです。

前頭部と比較して襟足部分は血行不良が引き起こされやすい部位ではないものの、生活習慣が乱れている方は十分に注意しなければなりません。

そのため、洗髪する際に頭皮マッサージを行ったり、ストレッチやウォーキングで全身の血行を促したりと、血液やリンパの流れを良くするような対策で症状は改善されていきます。

また、襟足部分は自分の目から見えないため、シャンプーやリンスの濯ぎ残しにも十分に注意した方が良いのではないでしょうか。

シャンプー剤が頭皮や髪の毛に残されていることが原因でダメージが加わりやすいため、濯ぎ残しがないように念入りにシャワーで洗い流してください。

 - 抜け毛の原因と場所