抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

男性の抜け毛の原因と対策

   

男性の抜け毛の原因について

男性と女性とでは抜け毛の原因に少々違いがあり、対策の方法も異なります。

「食生活の乱れ」「精神的なストレス」「睡眠不足」「頭皮ケア不足」が原因で抜け毛が増えやすくなるのは、男性でも女性でも一緒です。

食生活の乱れ:髪の毛の成長に欠かせない栄養素を摂取できない
精神的なストレス:血管が収縮して栄養分が運ばれにくくなる
睡眠不足:髪の毛を成長させる成長ホルモンの分泌が損なわれる
頭皮ケアの不足:頭皮に皮脂や汚れが溜まっていると毛穴詰まりを引き起こす

女性よりも男性の方が料理をする機会が少ない傾向がありますし、仕事による精神的なストレスも溜め込みやすいので、上記のような原因で抜け毛や薄毛が進行していきます。

更に、男性の抜け毛は男性ホルモンが深く関わっており、AGA(男性型脱毛症)を発症したことで抜け毛や薄毛が進むケースが多いのです。

本来ならば、男性ホルモンのテストステロンが増えれば、腕や脚の体毛は濃くなりますし、毛母細胞の分裂を促す作用もあります。

しかし、テストステロンが毛乳頭や皮脂腺に存在している酵素の5αリダクターゼと結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる強力な脱毛ホルモンに変わり、タンパク質の合成を阻害したり皮脂の分泌を過剰にしたりして抜け毛を引き起こすのです。

これがAGA発症のメカニズムで、抜け毛の量が加齢によって増え続ければ当然のように薄毛の原因となります。

 

男性の抜け毛の予防や対策について

上記のような原因で発症したAGAは、年齢を重ねるにつれて抜け毛や薄毛の症状が悪化していくという特徴があります。

それでも、毎日の生活の中で予防や対策をしっかりと心掛けていれば、抜け毛の進行スピードを少しでも和らげることは十分にできるのです。

男性の抜け毛の予防や対策として最も適しているのがプロペシアやミノキシジルといった医薬品で、AGA専門クリニックで処方してもらったり、現在では個人輸入代行業者を利用してネットを使って入手できます。

特に、男性の薄毛治療としてプロペシアの処方が一般的で、酵素の5αリダクターゼに働きかけてDHTの産生量を減らしてくれるのです。

男性ホルモンのテストステロン自体の分泌量に影響を及ぼすわけではありませんし、基本的に重篤な副作用で悩まされることはありません。

テストステロンは確かに抜け毛や薄毛の引き金となるものの、生殖器の増大や性欲の増加、やる気や行動力の増進など男性が生きていくために欠かせない存在となっております。

つまり、抗男性ホルモン薬などを服用して分泌の量を減らすような対策は危険なので、絶対に行わないようにしてください。

また、女性の抜け毛や薄毛と同じように、育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリメントを使って予防することは十分にできます。

当サイトでご紹介しているのは女性用育毛剤のマイナチュレですが、頭皮環境を正常に保つような成分が豊富に含まれているので、一度使ってみましょう。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

 - 抜け毛と年齢・性別