抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と大豆製品

   

daizu

抜け毛の対策として大豆製品の摂取は非常に適しており、それは大豆イソフラボンが含まれているからです。

数々の研究により、抜け毛や薄毛といった悩みにイソフラボンが強い効き目を示すことが分かりました。

大豆イソフラボンとカプサイシンの同時摂取によって育毛効果が得られることが分かり、これはIGF-1理論と呼ばれております。

もちろん、食事による抜け毛対策には限界がありますし、いくら大豆製品を毎日バランス良く食べていても発毛を直接的に促せるわけではありません。

それでも、大豆イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと似た作用が得られることで有名で、年齢を重ねて更年期に突入し、抜け毛の症状が悪化している女性に適しております。

しかも、大豆の中には亜鉛やビタミン、アミノ酸や食物繊維など数多くの栄養素が含まれており、美容だけではなく健康のサポートも行ってくれるのです。

あまりにも大豆製品を過剰摂取していると逆に抜け毛のリスクが増すと言われているので注意しなければなりませんが、適度に摂取していれば確実に髪の毛に良い影響が加わります。

頭皮環境の改善は外側からのケアだけではなく、身体の内側からも同時に行うのが大事なので、毎日の食事を見直して抜け毛対策を行うのが良いのではないでしょうか。

実際に、抜け毛を抑制する育毛サプリメントの中にはイソフラボンが含まれている製品が多いですし、ホルモンバランスを整えたい女性にとって大事な栄養素なのです。

残念ながら当サイトでご紹介している健康食品の中には大豆成分は含まれていないものの、抜け毛対策に適した栄養素で身体の内側からケアが行えるので、是非一度マイナチュレのサプリメントを摂取してみてください。
 

>>> マイナチュレのサプリメントの詳細はこちら

 
さて、以前に大豆イソフラボンと毛髪にどのような関係性があるのか調べるために、臨床試験が実施されました。

半年間に渡って男女複数人に大豆イソフラボンを投与したところ、約8割の被験者に薄毛の改善が見られたのです。

この臨床試験によって大豆イソフラボンへの期待度は更に高まりましたし、更年期の女性や女性ホルモンと関わる乳がんや子宮体癌の予防に繋げられます。

エストロゲンと同じような働きをするため、体内の男性ホルモンを抑制し、髪の毛の発育に良くないDHT(ジヒドロテストステロン)になるのを防いでくれるのです。

そのため、更年期の女性の抜け毛だけではなく、AGAが原因の薄毛で悩んでいる男性も大豆製品を積極的に食べるのが良いかもしれません。

豆腐や納豆、豆乳など今の日本には数多くの大豆製品が登場しているので、毎日の食事で取り入れるのはそこまで難しくないはずです。

 - 食事による抜け毛の対策