抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とコンディショナー

   

髪の毛の表面のコンディションを整えてくれるヘアケア用品がコンディショナーで、女性であればシャンプー剤と一緒に使っているはずです。

髪の毛の表面をコーディングしてキューティクルを整え、ツヤを与えてパサ付きを改善してくれるということで、コンディショナーの使用で抜け毛を抑えられると考えている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、リンスやコンディショナーを使用すると抜け毛が増えるという意見と、頭皮環境を正常に保てるという意見の両方が飛び交っており、一体どちらが正しいのか疑問を抱えるはずです。

そこで、以下では両方の考えをまとめているので、抜け毛対策を行いたいという方は一度確認してみましょう。

 

<コンディショナーの使用で抜け毛が増えるという意見>
コンディショナーの中に含まれている成分が頭皮に悪影響を与え、結果的に抜け毛が引き起こされているのではないかと考えられております。

確かに、市販の製品の中には特に石油系界面活性剤や防腐剤といった添加物が含まれており、これらが汗や皮脂を吸着して毛穴詰まりを引き起こすからこそフケや痒みが生じるのです。

髪の毛をコーディングして枝毛をくっ付けたり紫外線の刺激から守ったりできるものの、どうしても洗う際に頭皮に付着します。

髪の毛だけに塗布して頭皮には付着しないようにするのは想像以上に難しく、化学成分が毛穴に詰まって雑菌が繁殖し、頭皮トラブルによって抜け毛が不足すると考えられているのではないでしょうか。

 

<コンディショナーの使用で頭皮環境を正常に保てるという意見>
上記とは異なり、リンスやコンディショナーの使用で頭皮環境を正常に保ち、抜け毛を防げるのではないかという意見が出ております。

それは、コンディショナーを使わずにシャンプーだけでヘアケアを行うことにより、頭皮の皮脂を過剰に分泌させてしまうからです。

コンディショナーには「頭皮をコーティングして雑菌から守る」「静電気や埃から守る」「頭皮の脂分のバランスを保つ」という働きがあります。

シャンプーで乾燥した頭皮にコンディショナーを与えることで、水分量を維持して健やかな状態で維持できるのです。

シャンプーで頭皮の皮脂を取り除いて乾燥した状態が続くと、自然な治癒作用によって余計に皮脂が分泌されるため、適度な状態を保つためにコンディショナーを使用するべきだと言われているのかもしれません。

 

 

どちらが正しいのか一概には決められないものの、正しいリンスやコンディショナーの使い方を実践していれば抜け毛の原因にはならないはずです。

「頭皮ではなく髪の毛に塗布する」「コンディショナーを付けた後にしっかりと濯ぐ」という2点に注意し、美しい髪の毛を保てるように努力してみてください。
 

>>> CA101の詳細はこちら

 

 - 化粧品による抜け毛の対策