抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とコエンザイムQ10

   

全ての細胞内のミトコンドリアに存在する電子伝達体がコエンザイムQ10で、1957年にアメリカで発見されました。

補酵素としてコエンザイムQ10は様々なエネルギーを作り出す働きを担っており、美容や健康にも期待できるため、抜け毛とも非常に深い関係性があります。

日本ではうっ血性心不全症状の医薬品として使われておりますが、海外では医師の処方箋なしでも入手できるサプリメントの中に含まれているのです。

日本でも化粧品や医薬品の基準が緩和され、2004年からコエンザイムQ10が健康食品や化粧品として使われるようになりました。

コエンザイムQ10は高い抗酸化作用を持ち合わせており、増えすぎた体内の活性酸素を減らして老化を防ぎ、脳や血管を若々しく保つサポートをしてくれます。

血管が若々しくなれば当然のように血液循環も良くなり、毛根や毛髪に行き渡る栄養素が増えるので抜け毛の予防や改善に繋がるというメカニズムです。

年齢を重ねることで全身の新陳代謝が悪くなるのはコエンザイムQ10の不足だと考えられており、元々人間の体内で合成されているので生きていくために必要となります。

つまり、コエンザイムQ10を効率良く摂取することができれば、抜け毛を少しでも減らして薄毛の改善に結び付けられるというわけです。

分かりやすいように、コエンザイムQ10の効果を以下にまとめてみました。

・高い抗酸化作用で細胞の老化を促す活性酸素を減らす
・身体の老化を抑制して肌のたるみやシワを防ぐ
・ウイルスによって生じる心臓の炎症や不整脈を予防する
・食べ物から取り入れた糖分や脂肪をエネルギーに変える
・脂肪燃焼を促してダイエット効果を高める
・肌のターンオーバーを促進して新しい肌へと生まれ変わらせる
・免疫力を向上させて風邪やインフルエンザを予防する

上記のような効果がコエンザイムQ10にはあり、健康やアンチエイジングと深く関わっていることがお分かり頂けるはずです。

体内でも耐えず生成されておりますが、20代をピークにして40歳前後から急激に減少していきます。

つまり、コエンザイムQ10の生成量の減少によって抜け毛の量が増え、薄毛の症状が進行しているとも考えられるのです。

コエンザイムQ10が不足して細胞の働きが悪くなれば健康被害も増えるため、何かしらの形で外部から摂取するのが良いかもしれません。

健康維持や老化防止のために取り入れる場合、1日に30mg~60mgが目安摂取量となっております。

通常の食事から摂取できる量は1日当たり5mg~10mg程度だと言われているので、コエンザイムQ10はサプリメントを中心とする健康食品に頼るのがベストです。

「リケン 還元型コエンザイムQ10」や「ネイチャーメイド コエンザイムQ10」、「小林製薬 栄養補助食品 コエンザイムQ10」といったサプリメントが通販で人気を得ております。

残念ながら当サイトではご紹介していないものの、代わりに抜け毛対策に特化したマイナチュレをおすすめしているので、是非一度飲んでみてください。
 

>>> マイナチュレのサプリメントの詳細はこちら

 

 - 抜け毛と関係のある成分・栄養素