抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛を注射で

   

医療機関では注射を使って抜け毛や薄毛の改善を目指す治療が実施されております。

育毛剤を頭皮へと塗布しても即効性はありませんし、育毛サプリメントでは髪の毛に変化がないケースも少なくありません。

そこで、医療機関で注射を受けることで症状の改善が可能で、男性のAGAの治療にも女性のびまん性脱毛症の治療にも用いられております。

どのような種類の注射が抜け毛対策として取り入れられているのか、以下を確認してみてください。

 

ミノキシジル注射

男性のAGA治療として用いられているのがミノキシジル注射で、これは血管を拡張させて頭皮に栄養素を行き渡らせる成分となっております。

ミノキシジルが含まれた育毛剤はAGAの代表的な治療法で、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもAランクという高い評価を得ているのです。

しかし、頭皮へと塗布しただけでは20%程度しか吸収されませんし、ミノキシジルタブレットも全身の毛根に分散されるため、髪の毛に焦点を当てて治療するのは難しくなっております。

その点、ミノキシジル注射は頭皮へと直接注入するので浸透率が高く、得られる効果が高いのに加えて、副作用のリスクも低いのでAGA治療として積極的に取り入れられているのです。

 

プラセンタ注射

シミやたるみの除去として女性から注目を集めているのがプラセンタ注射で、美容皮膚科や美容クリニックといった場所で実施されております。

プラセンタの成長因子は髪の毛の生育に効果があり、頭皮へと直接注入することでホルモンの分泌を促し、抜け毛の改善に繋がるというメカニズムです。

ヒト由来のプラセンタや豚由来のプラセンタ、馬由来のプラセンタなど使用する種類は医療機関によって大きく異なります。

プラセンタが配合された化粧品は次々と登場しているものの、育毛剤で得られる抜け毛改善効果は限られているので、プラセンタ注射を受けるのは選択肢の一つです。

 

ホルモン補充療法

抜け毛対策や薄毛治療として実施されている方法の一つがホルモン補充療法で、加齢とともに分泌量が低下していく女性ホルモンを補っていきます。

抜け毛を減らして薄毛を改善できるという臨床試験やデータはないため、髪の毛に焦点を当てた治療としてホルモン補充療法が勧められることは基本的にありません。

しかし、更年期障害によって女性ホルモンのバランスが崩れ、抜け毛が増えて薄毛が進行していくケースは十分にあるので、外見上の老化を防ぐためにもホルモン補充療法を受けてみるべきです。

保険適用外なので1ヶ月で10,000円~15,000円程度の費用がかかるものの、シワやたるみ、ハリの低下といった老化現象を改善できるので、アンチエイジング対策の一つなのではないでしょうか。

 - 抜け毛対策を病院で