抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛の治療

   

女性の抜け毛の治療について

女性の抜け毛は更年期にあらわれるびまん性脱毛症や、産後のホルモンバランスの乱れによって生じる分娩後脱毛症、卵巣機能や甲状腺機能の低下など様々な要因が考えられます。

どのような症状にしても抜け毛を治療することは可能で、正しい処置を施せば理想の状態を維持できるようになるのです。

原因によって多少は異なるものの、以下では代表的な女性の抜け毛治療の方法をご説明しているので、実際にクリニックを受診して受けてみてください。

 

医薬品による治療

男性と同じように、女性の抜け毛治療でも医薬品は使われます。

数ある医薬品の中でも内服薬のパントガールが有名で、臨床試験では3ヶ月間で70%の女性が抜け毛の減少を訴えました。

AGA治療の内服薬としてプロペシアは有名ですが、フィナステリドが胎児へと悪影響を与えるため、女性は服用できません。

そこで、女性が悩みやすいびまん性脱毛症を治療するために開発された内服薬がパントガールで、特殊な構造のアミノ酸やタンパク質、ビタミンB群といった毛髪に欠かせない栄養素が含まれております。

副作用の報告も一切なく、内服薬というよりもサプリメントのような感覚で抜け毛の治療が施せるので、クリニックで処方してもらいましょう。

 

レーザー育毛による治療

毛母細胞を活性化させて髪の毛を直接的に生やす治療法がレーザー育毛で、専用の医療機関で実施されております。

真皮の深い部分に届くダイオードレーザーや細胞を活性化させられるバイオプトロンなど種類は異なるものの、どれも抜け毛や薄毛の改善に繋がるという点では一緒です。

育毛剤や育毛シャンプーの使用では大きな変化が得られないと嘆いている女性は決して少なくありません。

そんな時は、頭皮に直接光線を照射して育毛や発毛を促すレーザー治療を受けてみるべきです。

 

グロースファクター再生療法

成長因子の不足を行う抜け毛や薄毛の治療がグロースファクター再生療法で、限られたクリニックで実施されております。

抜け毛の本数が増えた程度では、グロースファクター再生療法を受けなくても自宅での育毛剤の使用で何とかなるかもしれません。

しかし、症状が進行すればするほど回復までには時間がかかるため、成長因子を頭皮へと直接補って毛髪成長シグナルを正常化させられるグロースファクター再生療法が注目を集めているのです。

クリニックによっては、エレクトロポレーション法や育毛メソセラピーなどと呼ばれており、どの治療でも薬剤を頭皮へと直接注入していく点では一緒だと言えます。

 - 抜け毛対策を病院で