抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と鎮痛剤

   

解熱鎮痛剤のような医薬品の服用により、抜け毛の量が増えやすいのかという疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

確かに、どんなに作用の弱い医薬品でも何かしらの副作用はありますし、鎮痛剤による抜け毛は気になるところです。

そもそも、鎮痛剤とは鎮痛作用と解熱作用の両方を有しており、痛みとして知覚する信号の伝達を強力や医薬品成分を使って妨害する内服薬となっております。

ロキソプロフェンナトリウム:歯痛や生理痛など幅広い痛みに対応している
アスピリン(アセチルサリチル酸):歯痛に良く効くものの胃への負担が大きい
アセトアミノフェン:小児から大人まで服用できる
イブプロフェン:消炎鎮痛効果に優れた成分で副作用が比較的少ない
エテンザミド:サリチル酸系の鎮痛成分で小学生以上も使用可能
イソプロピルアンチピリン:ありとあらゆる痛みに効く成分

上記のような成分が鎮痛剤の中には含まれており、その種類によって効能に違いはあります。

副作用の強い成分だと胃腸への負担が大きくなり、内蔵機能の低下によって髪の毛が作られにくくなって抜け毛が増えやすくなるというメカニズムです。

鎮痛剤の副作用で抜け毛の量が一気に増えることはありませんが、それでも医薬品ばかりに頼る生活はできる限り避けた方が良いのではないでしょうか。

特に、硫酸モルヒネやオキシコドン、フェンタニルやコデインといった成分を含むオピオイド鎮痛薬は得られる作用が強い代わりに、副作用のリスクも高くなっております。

長期間に渡る服用で抜け毛だけではなく、身体に様々な支障が生じるかもしれないので、市販ではあまり販売されていないのです。

鎮痛剤が直接的に髪の毛に悪影響を与えることはなくても、身体にとって良い成分が含まれているわけではないため、不快な症状が引き起こされることがあります。

それに、鎮痛剤や頭痛薬は継続的な服用で身体の中に耐性が出来上がり、だんだんと効きにくくなるというデメリットがあるのです。

そのため、市販で販売されている作用の弱い医薬品だったとしても、「頭が痛くなったら直ぐに薬を飲む」という服用方法はできる限り避けた方が良いかもしれません。

医薬品の服用に頼るのではなく、日常生活の中で自然と不快な症状を予防するように心掛ければ抜け毛対策にも繋がるはずです。

もちろん、抜け毛対策として育毛剤の使用は必須なので、当サイトでご紹介している無添加のマイナチュレを使用し、毛根の活性化を図ってみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

 - 抜け毛と関係のある薬