抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

カルシウム不足が原因の抜け毛

   

カルシウム不足が原因の抜け毛に注意!

カルシウム不足が原因の抜け毛に注意!

髪の毛に良い栄養素と聞き、タンパク質や亜鉛をイメージする方が多いのではないでしょうか。

  • タンパク質⇒髪の毛や皮膚などの組織は全てタンパク質から作られている
  • 亜鉛⇒タンパク質を髪の毛の組織に変えるために欠かせない存在

上記の2つの栄養素は抜け毛や薄毛と密接な関係性がありますが、カルシウムも忘れてはいけません。

カルシウム不足が原因で抜け毛の本数が増えるケースは多く、その理由を以下ではまとめてみました。

 

不眠の症状が悪化して成長ホルモンが減少する

カルシウム不足は不眠の症状の悪化に繋がりやすく、そのメカニズムを見ていきましょう。

  1. 毎日の食生活でカルシウムが不足している
  2. イライラしやすくなってストレスが溜まる
  3. 精神的に不安定な状態になると不眠の症状が出る

不眠症を引き起こして毎日きちんと睡眠がとれない状態へと陥ると、髪の毛の生育に欠かせない成長ホルモンが不足します。

成長ホルモンの分泌は夜の22時から深夜の2時のゴールデンタイムに活発になるため、抜け毛を対策したいのであれば快眠を手に入れるためにカルシウムの摂取が必要ですよ。

 

内臓機能が低下する

体内からカルシウムが不足していると、次のように内臓機能へと悪影響が及びます。

  • 細胞の代謝や肝臓の働きが弱まっていく
  • 髪の毛の主成分であるタンパク質が生成されなくなる
  • 抜け毛が増えて薄毛の症状が進行しやすくなる

内臓機能の低下によって髪の毛の成長にも支障が出るため、抜け毛を予防するに当たってカルシウムは欠かせません。

  • 食欲が低下して脂っこい食べ物を食べたくなくなった
  • 足がむくんだりお腹が張ったりする
  • お酒を飲んでも美味しいと感じなくなった
  • 身体が疲れやすくなって倦怠感を訴えている

こういった症状に該当する方は肝臓の働きが低下している証拠ですので、内臓を労わるためにバランスの良い食生活を送りましょう。

 

頭皮の血流が滞る

カルシウム不足で抜け毛の症状が悪化するのは、頭皮の血流が滞るのが原因ですね。

私たちの髪の毛は食べ物から摂取した栄養素が血液中から毛乳頭へと送られ、毛母細胞へと行き渡って成長する仕組みとなっています。

しかし、体内を循環するカルシウムが足りていないと以下の流れで毛髪への栄養供給が損なわれやすくなりますので注意しなければなりません。

  • 血液中のカルシウムが不足すると神経伝達に支障が出る
  • イライラしたり情緒不安定になったりしてストレスが溜まる
  • 自律神経の交感神経が緊張して血管を収縮させる
  • 頭皮の血流が滞って栄養素や酸素が行き届きにくくなる

栄養不足で発毛や育毛が妨げられるケースは少なくないので、血行不良の症状には気を付けるべきです。

 

老化の原因となる活性酸素が増える

活性酸素が原因でシミやシワなど、肌の老化現象に繋がる話は有名です。

身体が年齢とともに老化していくのは自然なことですが、活性酸素が体内で増えすぎると次のように肌だけではなく髪の毛にも悪影響が及びます。

  • 毛母細胞が老化して髪の毛を上手く生成できなくなって抜け毛が増える
  • 髪の毛を黒くするメラノサイト細胞が老化して白髪の量が増える

活性酸素は殺菌力が非常に高く、正常な細胞や遺伝子を攻撃すると肌や髪の毛に異常が出やすくなるメカニズムですね。

この活性酸素はカルシウム不足で自律神経の交感神経が緊張し、アドレナリンの分泌量の増加と比例して増える特徴があります。

「カルシウムが不足する」⇒「自律神経が乱れる」⇒「活性酸素が増える」と間接的な影響で抜け毛や白髪に繋がりやすく、紫外線だけが増える原因ではないと心得ておきましょう。

以下のページでは抜け毛と活性酸素の関係性について詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。

 

check-s011

活性酸素が原因の抜け毛

 

抜け毛を対策するために効率良くカルシウムを摂取しよう

身体の内側から抜け毛を対策するには、毎日の食生活で効率良くカルシウムを摂取しなければなりません。

亜鉛やマグネシウムと同じようにミネラルは私たちの体内で作ることができないので、外部から何かしらの形で取り入れる必要があります。

現代人の不規則な食事だと不足しやすいため、以下の食べ物や食材を意識的に食べてみてください。

  • 小魚:イワシやししゃも、わかざぎやしらすはカルシウムの含有量が多く、煮干しはおやつのような感覚で食べられるのでおすすめ
  • 大豆:木綿豆腐2分の1丁で約130㎎のカルシウムを摂取でき、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンを同時に摂取できるのがメリット
  • 牛乳:カルシウムを含む代表的な飲み物で数多くの食材の中でも吸収率が高く、効率良く体内へと行き渡らせることができる
  • 海藻類:昆布やワカメ、ひじきなどの海藻類にはカルシウムに加えて、甲状腺ホルモンの生成を促すミネラルのヨウ素も同時に摂取できる

どれか一つに偏らずにバランス良く摂取するのがポイントですが、スナック菓子やインスタントラーメンなどリンを多く含む食材と一緒に摂取するとカルシウムの吸収率が下がりますので気を付けましょう。

 

同時に身体の外側から抜け毛対策をしよう

抜け毛を対策したい方は、カルシウムの摂取だけではなく身体の外側からのケアも必要ですよ。

内側から栄養素を補給して強い髪の毛を作り、更に外側から育毛剤を使って育毛ケアを行っていれば薄毛の悩みやコンプレックスを克服できます。

当サイトでは女性用育毛剤の中で高い評判と実績を獲得しているマイナチュレを紹介していますので、「ちょっと抜け毛が増えてきたかな?」と不安を抱えている女性は一度使ってみてください。

 

check-s011

マイナチュレの詳細はこちら

 

 - 女性の抜け毛の原因