抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とカフェイン

   

コーヒーや紅茶といった飲み物の中に含まれている成分の一つがカフェインで、眠気覚ましの効果があることで有名です。

脳を覚醒させる作用がカフェインにはあるため、勉強や運転の前に摂取している方は多く、同時にリラックス効果も得られます。

しかし、カフェインの効果はこれだけではなく育毛とも密接に関わっており、抜け毛を抑制してくれることが分かりました。

それは、カフェインがAGA(男性型脱毛症)の直接的な原因となる酵素の5α(アルファ)リダクターゼの働きを阻害してくれるからです。

男性ホルモンのテストステロンと酵素の5α(アルファ)リダクターゼが結び付くことにより、頭頂部や生え際にDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質が発生します。

この物質がヘアサイクルを狂わせたり毛乳頭を攻撃したりすることで抜け毛が発生し、AGAによる薄毛が年齢を重ねるにつれて進行していくというメカニズムです。

しかし、カフェインが5α(アルファ)リダクターゼを抑制してくれるので当然のようにDHTは作られにくくなり、抜け毛の量を減らせば薄毛が進行しにくくなるのは間違いないでしょう。

それに、毛穴の細胞を元気にさせて毛髪の成長を促し、活性化させてくれるという働きも持ち合わせております。

カフェインは特に意識しなくても毎日の日常生活の中で取り入れることは十分に可能ですし、この効能を活かして現在ではカフェインが配合されたシャンプー剤も出回っているのです。

残念ながら当サイトではカフェイン配合のシャンプー剤はご紹介しておりません。

その代わりに、無添加で安全性の高いマイナチュレのシャンプー剤をおすすめしているので、是非一度使用してみてください。
 

>>> マイナチュレのシャンプーの詳細はこちら

 
さて、上記ではカフェインが髪の毛に影響を与えて、抜け毛を少しでも抑制できるという点について説明致しました。

しかし、カフェインの摂取が逆に抜け毛の増加に繋がるのではないかという意見も出回っております。それは、脳内物質に働きかける作用と同時に、血管を収縮させる作用も持ち合わせているからです。

血管が収縮して血行不良に陥り、髪の毛に行き渡る栄養素の量が少なくなれば、当然のように成長が阻害されて弱々しい毛髪ばかりになって抜け毛は加速していきます。

それに、カフェインがたっぷりと配合されたコーヒーばかりを飲んでいると、髪の毛の主成分であるケラチンの合成に欠かせない亜鉛が不足するのです。

カフェインが直接的な引き金となっているわけではないものの、「コーヒーの中に含まれているタンニンを摂取する」⇒「亜鉛が少なくなる」⇒「ケラチンの合成が上手くできない」⇒「髪の毛の成分が少なくなる」⇒「抜け毛に繋がる」というメカニズムになっております。

更に、寝る前にカフェインを摂取すると覚醒作用によって睡眠不足に陥り、毛髪の成長が促されないことが原因で抜け毛が発生しやすくなるのです。

以上のことから、確実に髪の毛に良い成分というわけではないので、カフェインは程々の摂取を心掛けるようにしてください。

 - 抜け毛と関係のある成分・栄養素