抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛と母乳

   

出産後の抜け毛と母乳について

bonyuu

出産後の女性はホルモンバランスの変化により、2ヶ月を過ぎた辺りから半年後程度まで抜け毛の量が増える傾向があります。

排水溝が詰まりそうなほど抜け毛が発生する産後の女性も決して少なくありませんし、「頭部の髪の毛が全て抜け落ちるのではないか?」という不安を抱えている方も多いのです。

実は、出産後の抜け毛と母乳には少なからず関係性があると言われております。私たちの髪の毛は食べ物の栄養から作られており、過度のダイエットで栄養不足の状態に陥っていれば抜け毛が発生しやすいのです。

授乳期に完全母乳で育てている女性は、その母乳を作り出すためにエネルギーが必要となり、赤ちゃんに栄養を取られてしまいます。

母乳育児による栄養不足やカロリー不足は意外と引き起こされやすく、これが抜け毛の量が授乳期に増えやすいというメカニズムです。

「6ヶ月で母乳をやめたら抜け毛がピタっと止まりました」という女性はおりますし、タンパク質やビタミンといった栄養素で作られている以上、何かしらの関係性はあります。

しかし、出産後の抜け毛の最大の原因はホルモンバランスの変化で、母乳育児をやめてミルク育児にしたからといって、必ずしも抜け毛の症状が抑えられるわけではないのです。

「母乳をやめたのに抜け毛が減らない」という女性も多いので、特に気にする必要性はないのではないでしょうか。

母乳育児にしてもミルク育児にしても、出産後から一定期間が経過すれば自然とホルモンバランスは整っていきますし、抜け毛は減少していきます。

頭皮環境を良好な状態で保つ努力をするだけで良いので、当サイトでご紹介している無添加シャンプーのマイナチュレを使用し、抜け毛の発生を少しでも食い止められるように試みてください。
 

>>> マイナチュレのシャンプーの詳細はこちら

 

母乳による抜け毛の対策について

赤ちゃんに母乳を与えることが原因で引き起こされる抜け毛は、上記でも説明したように頭皮環境を正常に保つような対策で十分なのです。

抜け毛が増えたからといって、母乳育児から無理にミルク育児に変えるような必要はありません。

時間の経過によって自然と抜け毛はおさまっていきますし、刺激を加えないような対策を練っていれば薄毛が一気に進行することは絶対にないはずです。

しかし、母乳育児をしている女性は夜中に頻回授乳が必要で、毎日のように続けば睡眠不足に陥ります。

髪の毛を育てる成長ホルモンは睡眠中に分泌されるという特徴があるため、寝不足が続いていると抜け毛が発生して薄毛が進行しやすいのです。

それに、母乳育児の女性に限った話ではありませんが、慣れない子育てで精神的にストレスが溜まり、血行不良による抜け毛を引き起こしている可能性も十分にあるのではないでしょうか。

子育ては赤ちゃんが主体になるのは仕方がないものの、あまりにもストレスを抱えていると他の病気の原因にもなり得るので、なるべくリフレッシュを心掛けてください。

 - 抜け毛と年齢・性別