抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

ブルーライトが原因の抜け毛

   

現代人にとってパソコンやスマートフォンといった機械は既に毎日の生活にとって欠かせない存在となり、これらの電子機器を使わなければ生きていけない方もいらっしゃいます。

仕事でパソコンや携帯電話を使う機会は多く、私たちの生活と密接に関わっているのは当然のことかもしれません。

実は、パソコンやスマホの画面から出るブルーライトを長時間に渡って浴びていると、抜け毛の原因に繋がると考えられております。

個人差が大きく特定はできないものの、ブルーライトを浴びることで毛髪が成長するために欠かせないメチオニンと呼ばれる必須アミノ酸が消費されるのです。

もし、長時間に渡る目の酷使で網膜の修復のためにメチオニンが消費されれば、髪の毛に行き渡る量は必然的に少なくなるため、抜け毛の原因に繋がります。

また、ブルーライトは副腎から分泌されるコルチゾールと呼ばれるホルモンにも悪影響を及ぼし、このホルモンは新陳代謝を活発にして血圧や血糖値を高めるのです。

精神的なストレスが加わることでも分泌量が増えると考えられており、コルチゾールが高い状態が続けば不安感や抗うつといった精神状態が続き、血行不良も引き起こすので抜け毛の症状が悪化しても不思議ではないでしょう。

他にも、ブルーライトを浴び続けるということは長時間に渡ってパソコン作業を行っているケースが多く、椅子に座って同じ体性をとり続けることで首や肩の筋肉が固定されます。

パソコンの液晶画面を見続けていると肩こりや首こりの症状を引き起こしやすいのは、筋肉の硬直による血行不良が大きな原因なのです。

血行不良に陥れば、当然のように髪の毛に届く栄養素が少なくなって成長が阻害され、抜け毛が発生して薄毛に繋がりやすくなります。

特に、髪の毛や肌は内臓と比較して生命の維持と関わりがないため、ただでさえ栄養不足に陥りやすいのです。

最近ではデスクワークだけではなく、自宅での趣味でパソコンやゲームをするのが当たり前の時代となりました。

その結果、ブルーライトを浴びすぎたり血行不良に陥ったりして抜け毛を中心とするトラブルが生じやすいため、長時間のパソコンやスマホの使用はできる限り避けた方が良いかもしれません。

長時間に渡って同じ姿勢をとり続けることが原因で肩こりや眼精疲労に繋がるので、定期的に立ち上がって伸びをしたりストレッチをしたりという対策が最適です。

また、頻繁にリラックスしていても、ブルーライトを目に浴び続ければ疲れやすく、紫外線による日焼けと同様に悪影響が加わりやすいので、PC眼鏡の使用も適しております。

PC眼鏡の使用でブルーライトが原因の目の疲れを予防できますし、「ピントを合わせにくい」という症状にも効果があったので、是非通販で購入してみてください。

 - 女性の抜け毛の原因