抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛対策に繋がるビオチンの効果

   

ビオチンとはどんな栄養素なの?

ビオチンとはどんな栄養素なの?
ビオチンの正式名称はD-[(+)-cis-ヘキサヒドロ-2-オキソ-1H-チエノ-(3,4)-イミダゾール-4-吉草酸で、人間の腸内で善玉菌によって合成されるビタミンB群の一種となっています。

1935年にオランダのケーグルによって発見され、私たちの身体にどんな影響を与える栄養素なのか見ていきましょう。

  • エネルギーの代謝を助けて皮膚や粘膜を健康な状態でキープする
  • アミノ酸や脂質といった栄養素の分解と代謝をサポートする
  • カサカサやジュクジュクなどアトピー性皮膚炎の症状を和らげる

主に皮膚や肌のトラブルと深く関わっており、効率良く取り入れるには葉酸やビタミンB2など他のビタミンB群も同時に摂取しなければなりません。

抜け毛対策に繋がるビオチンの効果は?

髪の毛に良い働きをして抜け毛を対策する成分として、システインや亜鉛が挙げられます。

しかし、ビオチンも抜け毛対策として効果的で、症状を抑えるには日々の食生活でバランス良く取り入れなければなりません。

ビオチンの摂取によって髪の毛や頭皮へとどのような影響を与えるのかまとめてみました。

  • 皮膚を作る細胞を活性化させたりタンパク質の生成と関与したりする
  • コラーゲンやセラミド(細胞間脂質)を生合成して炎症を抑える
  • 頭皮の皮膚が再生する力を高める

アミノ酸の代謝を促したりコラーゲンの生成を助けたりと育毛に持ってこいの栄養素で、頭皮の皮膚を健康な状態で維持する効果もあります。

丈夫で健康的な髪の毛が増えれば抜け毛を抑えられますし、薄毛の進行を身体の内側からストップさせられるのです。

ビオチン欠乏症によって引き起こされる症状は?

上記でもご説明したように、ビオチンは他のビタミン類とは違って体内で合成されます。

そのため、普通の食生活を送っていれば著しく不足することはありませんが、水溶性のビタミンなので多めに取り入れても体外へと排出されてしまうのが特徴です。

偏った食事を送っている方ほど不足しやすく、ビオチン欠乏症によって引き起こされる症状を見ていきましょう。

  • 白髪の増加
  • 抜け毛や脱毛
  • 炎症や湿疹
  • ニキビなどの肌荒れ
  • 疲労感
  • 結膜炎
  • 食欲不振
  • 神経障害

ビオチン不足が引き金となり、抜け毛だけではなく白髪の増加で悩まされている方は少なくありません。

老化現象なのである程度は仕方がないものの、髪のケラチン合成の補酵素として働くビオチンを摂取し、内側から白髪の発生を防ぐべきです。

抜け毛や白髪には育毛シャンプーやエッセンスのCA101も適しています。

  • 髪の毛にハリやコシが出た
  • 抜け毛や薄毛が改善された
  • 白髪が黒くなった
  • 髪の毛のツヤがアップした

このような口コミの評価を得ており、頭皮環境を正常に保つサポートをしてくれるので一度CA101を使ってみてください。

 

>>> CA101の詳細はこちら

 

ビオチンを摂取する上で押さえておきたいポイント

以下では、ビオチンで抜け毛対策を図りたいと考えている方のために、摂取する上で押さえておきたいポイントを幾つか挙げてみました。

欠乏症によって抜け毛や白髪を増加させないためにも一度チェックしておきましょう。

  • 成人で一日平均45.1マイクログラムと少なくて良いので特に意識しなくても良い
  • 魚介類(まがれい)、種実類(バターピーナッツ)、鶏レバー、大豆に含まれている
  • 体外に排出されやすい水溶性のビタミンなので少しずつ取り入れる
  • ビオチンと協働して髪の毛を構成するタンパク質の合成を促す亜鉛を一緒に摂取する

上記の点に注意していれば不足することはありませんし、体内でも作られているのでどちらかと言うと他のビタミンやミネラルを摂取することに焦点を当てるべきです。

また、卵白を過剰摂取していたり腸内環境が悪化して悪玉菌が増えていたりという方はビオチンが不足しやすく、「卵を1日に大量に食べないようにする」「腸内環境を整える食物繊維や乳酸菌を摂取する」といった生活習慣を送ってください。

 - 抜け毛と関係のある成分・栄養素