抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とベビーシャンプー

   

baby-shampoo

ベビーシャンプーとは基本的に赤ちゃんが使用するシャンプー剤のことを指し、「無添加」「低刺激」という2点を重視しており、大人でも抜け毛対策として使用している方はいらっしゃいます。

肌への刺激が原因で頭皮環境が悪化し、抜け毛の数を増やしているケースは決して少なくないため、ベビーシャンプーを使うのは選択肢の一つなのです。

抜け毛が進行して薄毛が悪化していけば実年齢よりも確実に老けて見られますし、中高年の男性だけではなく女性も薄毛で悩まされることはあります。

特に、敏感肌や乾燥肌の人が市販で販売されている石油系合成界面活性剤を含むシャンプー剤を使っていると、頭皮の皮脂が奪われて抜け毛の原因となるのです。

その点、ベビーシャンプーはデリケートな赤ちゃんの肌に合わせて作られているため、頭皮に無駄な刺激が加わるということはありません。

洗髪に使うシャンプー剤を変えるだけで抜け毛を改善できたという女性は意外と多いですし、外側からのケアは大事なのです。

もちろん、食生活の改善やストレスの解消など、生活習慣の見直しも同時に行えばより頭皮環境は良くなりますし、肌トラブルの予防に繋がります。

当サイトでは赤ちゃん用のベビーシャンプーはご紹介していないものの、代わりに頭皮と髪の毛のエイジングケアとして最適な「CA101」をおすすめしており、抜け毛の悩みを抱えている方は使ってみるべきです。

「CA101」の中にも刺激的な成分は含まれておりませんし、シャンプーやトリートメントなどお得なセットもあるので公式サイトで確認してみてください。
 

>>> CA101の詳細はこちら

 
さて、頭皮や髪の毛に加わる刺激を抑えるという意味では、ベビーシャンプーは非常に適しております。

上記でもご説明したように「無添加」「低刺激」という点を重視して作られておりますし、赤ちゃんの肌はデリケートなのでこれは当然です。

頭皮環境は直ぐに改善されるというわけではありませんが、ベビーシャンプーの使用で刺激を抑えていれば頭皮が健やかな状態になって抜け毛を減らせるのではないでしょうか。

ただし、「洗浄力が弱いので汚れをきちんと落とせない可能性がある」「毛髪の発育を促す栄養分を与えられない」というデメリットがあります。

頭皮の皮脂を除去することに長けたシャンプー剤ではありませんし、毛穴に詰まりによる酸化を予防できるわけではないので、脂性肌の人にはベビーシャンプーはあまりおすすめできないのです。

ベビーシャンプーではなくても低刺激の製品は数多く登場しているので、石油系の界面活性剤を含まないアミノ酸系のシャンプーを使って抜け毛対策を図ってみてください。

 - 化粧品による抜け毛の対策