抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

抜け毛とアスピリン

   

バイエル社から販売されている非ステロイド性抗炎症剤がアスピリンで、皮膚の血管を拡張して熱の拡散を早めるという効能を持っております。

解熱鎮痛剤や動脈硬化の予防、ガンの予防など様々な治療としてアスピリンは用いられており、医師から処方された患者さんは多いはずです。

しかし、医薬品の一種ということで少なからず副作用があり、その一つが抜け毛となっております。

必ずしも抜け毛の本数が増えるというわけではありませんが、アスピリンのような医薬品を服用したことが原因で髪の毛や頭皮に悪影響が加わるのは決して珍しくはありません。

とは言え、炎症や発熱作用を持っているプロスタグランジンと呼ばれる物質が体内で作られるのを抑える優れた効能を持っており、痛みや発熱を知らせないようにしてくれるのです。

実は、市販で販売されている頭痛薬の中にもアスピリンは含まれており、胃の粘膜を荒らしたり全身の血行を悪くしたりという弊害があります。

もちろん、頭皮の血行も悪くなって髪の毛に行き渡る栄養素や酸素の量は減少するため、副作用として抜け毛が発生しているのではないでしょうか。

それでも、引き起こされている病気を治療するためにアスピリンが処方されているのならば、抜け毛を気にせずに医師の指示に従って服用するべきです。

確かに、抜け毛の発生以外にも、アスピリンには以下のように副作用があると記載されておりました。

・胃腸障害
・ショック
・手足の冷え
・顔や喉の腫れ
・血圧低下
・水ぶくれ
・かゆみ
・喘息発作
・アナフィラキシー
・胃痛
・腹痛
・めまい
・吐き気
・目の充血
・食欲不振
・蕁麻疹

上記のように副作用の種類が多く、服用するに当たって不安を抱えている人は多いかもしれません。

しかし、これはアスピリンに限らず全ての医薬品に該当する話ですし、専門医の指示に従って用量と用法を守って服用していれば危険な状態には陥らないはずです。

自分勝手な判断で内服薬や外用薬を服用していると不快な症状で悩まされる可能性が高くなるので、確かな知識を持っている専門医の指示に従わなければならないのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

それに、副作用に限らず抜け毛の発生は自然な現象ですし、1日に50本から100本程度ならば誰でも抜け落ちるので、薄毛が進行しているわけではないのです。

どうしても抜け毛の発生が気になるのならば、頭皮環境を整えて髪の毛が成長しやすい環境を自分で作る必要があるので、当サイトでご紹介している育毛剤のマイナチュレを使ってみてください。
 

>>> マイナチュレの詳細はこちら

 

 - 抜け毛と関係のある薬