抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

朝シャンによる抜け毛の対策

   

朝にお風呂に入って洗髪をすることを朝シャンと呼び、抜け毛を対策するために毎日行っている方はいらっしゃいます。

確かに、寝ている時は汗をかきやすく、コップ1杯からペットボトル1杯ほどの汗が分泌されているとも言われているのです。

これだけの汗を寝ている時にかけば毛穴に詰まりやすくなり、抜け毛が引き起こされるかもしれないので、朝シャンが抜け毛の対策に良いと言われているのかもしれません。

それに、「交感神経にスイッチが入って活動モードになる」「血行が促進されてダイエット効果が得られる」「体臭の予防に繋がる」というメリットも朝シャンにはあります。

朝にシャワーを浴びれば爽やかな気持ちになりますし、シャンプーの香りを振りまきながら1日を過ごせるということで、以前に女子高生の間で朝シャンが流行しました。

「いつ髪の毛を洗うの?」という質問を行ったところ、夜1回と回答している方は68%と多かったものの、「朝1回」は16%、「朝と夜の2回」は15%と、朝シャンしている人の割合は意外にも多いのです。

しかし、朝シャンによって髪の毛にダメージが加わり、抜け毛を対策するどころか症状を悪化させてしまうという意見も出回っております。

それは、朝シャンによって髪の毛を保護している庇護膜(ひごまく)が失われるからで、寝ている間に作り出されるという性質があるのです。

庇護膜(ひごまく)は髪の毛を紫外線といった外的な刺激や汚れから守ってくれる重要な存在で、抜け毛対策としても欠かせないのではないでしょうか。

朝シャンではこの物質を作り出す時間がなく、太陽の紫外線の影響をモロに受けるため、その刺激によって抜け毛が発生しやすいと考えられているのです。

また、朝シャンだけで夜に洗髪をしない方は、日中に溜まった皮脂や汚れを取り除くことができず、毛穴に詰まって窒息状態に陥りやすいからこそ抜け毛の原因に繋がると言われております。

頭皮に汚れが溜まった状態で眠ると雑菌が繁殖して炎症やニオイといったトラブルに繋がりやすく、成長ホルモンの分泌も損なわれるというデメリットがあるのです。

成長ホルモンは私たちの髪の毛を成長させる重要な存在なので、その分泌を妨げないためにも朝シャンではなく夜の洗髪を心掛けた方が良いかもしれません。

他にも、「時間のない朝にお風呂に入ると綺麗に頭皮を洗えない」「起きたばかりは毛穴が開いているので洗髪で刺激してしまう」というデメリットもあり、朝シャンはやめた方が良いという意見が飛び交っております。

夜にも髪の毛を洗えば問題ないものの、1日に2回の洗髪は頭皮への刺激が大きくなるかもしれないので、適度な洗浄力を持ったアミノ酸系シャンプーの「CA101」を使用してみてください。
 

>>> CA101の詳細はこちら

 

 - 生活改善による抜け毛の対策