抜け毛対策.COM

女性の抜け毛対策なら抜け毛対策.COM

AGAが原因の抜け毛

   

男性が引き起こす抜け毛の原因としてAGAが多くを占めており、Androgenetic Alopeciaの略称で男性型脱毛症のことを指しております。

成人の男性に見られる抜け毛や薄毛の多くはこのAGAが深く関わっており、生え際や頭頂部のハゲが年齢を重ねるにつれて進行していくのです。

もちろん、男性の抜け毛の原因として生活習慣の乱れはその一つですし、食生活の乱れや睡眠不足、精神的なストレスも深く関わっております。

しかし、根本的な原因はこのAGA(男性型脱毛症)で、一度発症すれば自然と回復していくことはなく、次第に抜け毛の数が増えて薄毛が進んでいくのが大きな特徴なのです。

AGAで悩む男性は何と全国で1,260万人はいるというデータが出ており、50代や60代を過ぎた中高年の男性に限った症状ではありません。

場合によっては20代という若い年齢でAGAを発症するケースもあり、全ては男性ホルモンが関わっております。

男性ホルモンのテストステロン自体が悪いというわけではありませんが、変換酵素の5αリダクターゼの働きによってジヒドロテストステロン(DHT)に変わるのです。

ジヒドロテストステロン(DHT)によってヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増えて薄毛の症状が悪化していくと説明すると分かりやすいのではないでしょうか。

ヘアサイクルの乱れによって成長期が短くなれば太くて長く成長する前に抜け落ちるため、結果的に時間の経過によって薄毛は悪化していきます。

抜け毛や薄毛が遺伝すると言われているのは、5αリダクターゼの量やジヒドロテストステロン(DHT)の影響を受けやすい体質を親から引き継ぐからかもしれません。

何も抜け毛や薄毛自体が親から遺伝しているわけではなく、その体質が子供に引き継がれることが大きな原因なのです。

「AGAを発症したらどうしようもないのでは?」と諦めている男性はいらっしゃいます。

確かに。薄毛は切実な問題ですし、頭頂部がハゲていたり生え際が後退しているだけで、実年齢よりも年老いて見られてしまうのです。

しかし、現代ではAGAの新しい治療法がどんどん開発されており、その中でもプロペシアやミノキシジルの使用が効果的だと考えられております。

プロペシアは変換酵素の働きを抑えてDHTが産生されるのを防いでくれますし、ミノキシジルが含まれた育毛剤は血管を拡張させて発毛を直接的に促すことができるのです。

どちらもAGAが原因の抜け毛や薄毛の症状に効き目がありますし、AGA専門クリニックで医師の指示に従って医薬品を使用していれば大きな副作用で悩まされることはないでしょうか。

多くのクリニックでは初めて来院される男性のために、無料カウンセリングが実施されているので、インターネットで評判の良い病院を調べて受診してみてください。

 - 抜け毛と年齢・性別